2019/06/15

曲がっている

ホームセンターで長さ1.2メートルくらいの棒を手に入れた。近ごろは夜寝る前の運動としてその棒をバーベルスクワットのように肩に担いでいる。運動と言っても胸を張ったり左右に傾けたりするだけの軽いものだが、それを鏡で見ながら行うと、左肩が上がっているとか、左の骨盤が下がっているとか、右ひじが引けてないとか自分のクセが良くわかる。なるほどそうとう曲がっている。

小学校の頃、身体測定のときに必ず姿勢のチェックがあった。背中を向けてまっすぐ立つように言われる。前に向き直り深くお辞儀をするように前傾する。その時の背中のラインを保健室の先生がチェックしてくれたものだ。

大人になってそういうチェックの機会が失われると自分の姿勢のクセに気付きにくくなる。会社の健康診断でもそういう項目はない。

この前、病院でMRI検査を受けたときのこと。検査台に仰向きになり「はいじゃあ体をまっすぐに」と言われたので「気を付け」のように体をまっすぐにした。看護師さんに頭の位置を直された。

位置の微調整。「もう少し上にずれてもらえますか、はいいいです、じゃあその位置でまっすぐに」と言われ再び「気をつけ」の姿勢をとった。看護師さんに頭の位置を直された。

自分ではまっすぐのつもりなのに、その都度、頭の位置を直されるのだった。

これが曲がっていることに気づかされたきっかけだった。それで次のMRIの時には直されないようにしたいというのもあるが、気づいてみれば姿勢の悪さが体のあちこちの不調をもたらしてるような心当たりもあるので少しづつ直した方がいいのかと思い、棒を担いで鏡を見たりしている次第だ。

ちなみに鏡と言っても我が家に大きな姿見はないので窓ガラスを鏡替わりにしている。窓ガラスならサイズが大きいので動きながらでも身体全体を見れるので具合がいい。ただ難点は窓の外の公園、向かいの建物からおそらくこちらが丸見えなこと。私と言えば姿勢を確認する都合でパンイチすなわちパンツ一丁のいでたちだ。当局に通報される前になんらかの目隠し・シェード的なものを窓の外に設置が喫緊の課題。

| | コメント (5)

2019/04/22

長野マラソン2019

最近マラソンの時はあらかじめ水とザバスのミルクプロティンと豆大福的なものを持参し、ゴールしたあと着替えの前に摂取することにしている。速やかな回復のためにと思って。長野マラソンではゴール後に長野県産風さやかの梅干し入りおにぎりやアミノバイタル金(粉)、アミノバイタル水なども親切な高校生からねぎらいの言葉とともに手渡されるので、さらに回復が早まる。

何故こんなことから書くかと言えば、記録が芳しくなかったからだ。逃避というやつだ。

練習の感触からして、そして前半の涼しさからして、いよいよ今回は念願の3時間半を切るだろうと思っていた。慣れ親しんだの練習ペース4分50~55で楽々進む。ところが調子が良かったのはエムウェーブまで。ぐるっと回って折り返すあたりから減速感と右腿に攣りそうな気配を感じた。なぜなのか。15-16キロ地点で毎年応援してくれているラジカセのYMCAがなぜか今年はやけにボリュームが小さかったのが影響してるのだろう  か。ラジカセが調子悪かったのだろか、「15キロ もうすぐ聴こえる YMCA」とものした千葉県のヤングマンさんの心境やいかに。Ws001749

いやそうではない。それまでの曇り空から一転、このあたりから太陽さんが出てきたのだった。太陽がでてきたからと言ってすぐに身体に影響するわけがないのだが、なぜこうなるかと言うと脳のリスク管理部がチキンだからだ。過剰反応してすぐに危険注意情報を出してきがる。そんなチキンに答える答えはただ一つだ。「ノー」だ。反抗の意味で予定より早く黒のメイタンを摂取。

中間地点の五輪大橋の料金所を過ぎたところで3時間半のペースメーカーとその集団に抜かれた。昨年もここで抜かれたなあと思いながら、今年はメイタンが効いているのでなんとなくついて行く。太陽の日差しは強まってきて、給水所ごとに持参したボトルに水をもらい頭に水を掛けながら走るランディス作戦。ちなみに今回筆者の着ているジャージはファッサ・ボルトロだ。

25キロのホワイトリング、赤のアミノバイタルを配布してくれているなんともありがたい補給所だが、それを受け取る元気がない。それどころかジャージの背中ポケットに同じものが入っているのにそれを摂取するのすら億劫だ。いよいよやばい。そんな感じの確か26キロ、キロ看板に併設されていたおれの中のひさびさのヒット作「つらくても 明日は来るよ 長野ロス」という川柳がおれの目を覚ます。そうだよ、明日後悔するんだよきっと。一年後は結構遠い。Ws001747

30キロの通過、2時間29分16秒。3週間前に楽々こなした30キロ走よりも3分遅いし給水も応援も至れり尽くせりなのにこんなにへばってるのはどういうこんぞ(山梨弁)。しかも練習では攣ったことなどない脚が攣り始めている。練習より遅いペースなのに。チキンのリスク管理部に再度ノーを示す意味でキプチョゲ選手のイメージでスピードを上げたら両腿同時痙攣、道端で30秒ほど立ち止まり動けず。

岩野橋を渡って折り返し35キロ。左に堂々とした飯綱山、右に千曲川沿いに美しい菜の花と桃の花、最高の景色を眺めつつ、腿の痙攣に関して脳のリスク管理部と折衝しながら歩くように走る。苦し紛れに、

「あの山はなんて山ですか?あれが飯綱ですか!立派ですね」
「あの花はなんの花ですか?桃ですか!きれいですね!」

知ってるんだけど、そう係員の方や応援の方に声を掛けてみたら親切に教えてくれ「がんばれ」と送り出してくれた。やばい、うれしい。脚は動かないけど楽しい。これでゴールまで走れそうな気がした。いつもは向かい風になって苦しい印象のあるこの区間だけど、なんか来年からは楽しみな区間になりそうだ。

タイムは3時間41分35秒(3時間39分46秒)。3時間半どころか昨年よりも遅く、なんなら2015年より遅かった。どうすりゃいいのさ。

今年印象に残ったこと
 ・エムウェーブで長野東高の吹奏楽が「負けないで」を演奏してくれていた。自分はこの「負けないで」があんまり得意でなかったのだが、その演奏に合わせて周りの応援の方たちがめいめいに自然発生的に「負けないでもう少し♪」と控えめな感じで歌ってるのが聴こえたときには、かなりグッと来た。負けないで行こうと思った。負けたけど。
 ・一方、ゴールのオリンピックスタジアム入り口の吹奏楽の演奏は、「アイ・オブ・ザ・タイガー」だった。いわゆるサバイバーだ。
 ・一方、善光寺からの中央通りで毎年「信濃の国」を聴かせおれを鼓舞してくれる男声合唱団、今年はタイミング悪く歌と歌の合間に通りかかってしまったようでその歌声が聴けなかった。残念。
 ・一方、最初聴いたときにはピンとこなかったが、報告ムービーとともに耳にするうちにかなり好きになってきたカナディアンクラブ、いつも前日受付の会場でブースを構えていた記憶があるので今年はシーディーを購入しようかと目論んでいたのだが、ついぞ発見することができなかった。人が多すぎて自分が見つけられなかっただけなのかたまたま休憩時間だったのか。来年に期待。
 ・一方、今年も実家に世話になったのだが、その屋敷の満開の桜に毎日通っているという鶯がやたら美声。

ゴール後の更衣室の体育館のひんやりした床に仰向けになって記録を更新した感慨に浸るのが至上の喜びなのだが、今年はそういった感慨に浸ることかなわず、相変わらず不調の右足の小指球(なんて用語はあるのだろうか?)小指の付け根に帰宅するためのテーピングを施し、オリスタの観客席から制限時間までゴールを応援してからシャトルバスで長野駅、草笛のくるみ蕎麦を一枚手繰って長野をリーブ。Ws001750

 

 

| | コメント (0)

2019/04/14

長野1週間前

昨日土曜日、気持ちよく10キロ走っとくかと思って走り出してみたが脚は動かず体は重く、まったく気持ちよくない。長野マラソンまで1週間、にわかに不安が走る。

今日日曜日、昨日のは無かったことにして改めて10キロ。今日は気持ちよく走れた。よかった。菜の花が綺麗。

レースが近づくと自分もいっちょ前に調整と称して練習量を減らしてみるわけだが、距離を減らすのはともかくとして、日数を減らすとどうもこのように調子が落ちるようだ。若いころはそうでもなかったが、年を取ってから近年そう感じる。

実は先週の日曜以来一度も走れなかった。だから土曜の不調の原因はそのせいだろう。しかも会議やら書類づくりやら座ってばかりの毎日で活動量がやたら低かった、座ってばかりいると寿命が縮まるというが、タイムは縮まらないようだ。

とにかくあと1週間なので、来週はなんとか1日おきくらいで走っておき、いいイメージを繋いでおきたいところ。しかし仕事の方が困った状況。4月の組織変更のせいでバタバタ、精神的にまるっきりネガティブ。いわゆるネガティブ・スピリットというやつだ。マラソンで前半より後半にタイムを短縮するのはネガティブ・スプリットだ。ピをプに替えるだけ。簡単なこった。

| | コメント (0)

2019/04/06

ふきのとう

実家の兄がふきのとうを送ってくれた。ふき味噌とふきの酢漬け。雪国からの春のおすそわけ。


ふきのとうも例にもれず、子供の頃はなにが好きでこんな苦いのを食うのかわからなかったものの一つだが、50を過ぎたいまでは、こんなうまいものはないと思うから不思議。


ふきのとうというともう一つ思い出す。小学校の自分のクラスの学級通信のタイトルが「ふきのとう」だった。学級通信というか、児童の作文とか先生から父兄への連絡とかを記載したボールペン原紙で書かれた通信。ボールペン原紙と言ってる時点で懐かしさが募る。


クラスと言っても自分が通った小学校は1学年1学級。特に自分の学年は人数が少なくて、男子6人女子7人の13人学級だった。3年から6年まで担任してくれたのは新卒の女性教諭だった。「ふきのとう」を毎月届けてくれた柳原小学校の後藤先生、お元気だろうか。


春のこの時期というともう一つ思い出すのは、あれは中学を卒業し1年たった次の年。家から大道にまでの数十メートルの私道、まだ1メートル近くある積雪を、トレーニングとばかりにスノーダンプで除雪していたときだ。近所の一学年下のタダシ君が通りかかったと思うと「北高合格したんです。ありがとうございました」とわざわざ近くに来てうれしそうに挨拶してくれたことだ。北高は地元の進学校。小さい集落なので小学校のことはいつもつるんで遊んでいたが、中学に入ってからはあまり話すこともなくなっていた幼馴染が、こうしてわざわざ改まって挨拶してくれたことが、地元の同級生から一人離れ市外の学校に通い少し人恋しさを感じていた自分にとって、なんとなくうれしかったのだ。

 

春になると、ふきのとうの苦さを味わうと、スノーダンプで掬った雪を流す小川のせせらぎとともに、そんなことを思い出すのだ。桜のエフェドリンでやられてるのだろうか。

 

| | コメント (2)

2019/03/30

長野マラソンまで3週間

一年で一番本気で走る長野マラソンまで3週間なので、調子を見る意味で30キロを走って過去と比較してみた。2時間26分(4:53/km)、過去最高ではないか。一番調子のよかった2017年より2分速い。どうなってるのか。道端で満開のタンポポの綿毛の白い丸いかわいいのを応援に見立て、手を振りながら走ったのが良かったのだろうか。

いちおう20kmまでは3時間半狙いのマラソンペースで5:00~4:50/km、20km以降は余ってる力を好きなだけ使って4:50~4:40/km。もしかしてマジで3時間半切れるんじゃないだろうか。

とニヤニヤしながら練習データを表に移してたら大変なことに気付いた。3月の走った距離が200キロを超えとる。超えとるどころか今日の分までで251キロ。これはまずい。実は自分の中で月間200キロは超えてはならないというオキテがなんとなくあったのだった。距離を増やした→記録が伸びた という相関が明らかになってしまうと大変だ。欲に目がくらんでオキテがなし崩しとなってしまう恐れがある。

と一瞬思ったが、実はカレンダーマジック。月初に東京マラソンがあったこと、そして今月は土日が5回もあったことが影響してる。マラソンの42キロと今日の"張出"土曜日の30キロを引き算すれば、251-42-30=179キロだ。セーフ。

| | コメント (0)

2019/03/22

3年半

土曜日。来週の診察に使うMRIの撮影で御茶ノ水の病院。電車は朝だけど土曜日なので空いていて楽ちん。MRIも造影剤を使わないやつなので気楽。すぐに終わっていつも通り聖橋を渡り、湯島聖堂~神田明神~湯島天神~上野公園と歩いて巡る。手術で入院中の故郷の父が早く良くなるように天神様にお願いした。

金曜日。今日は診察。朝の満員電車で御茶ノ水へ。ただでさえ苦手な満員電車、血液検査で朝はん抜きなのでくらくらする。病院に到着し直ちに採血をしてもらい、診察まで少し待つので手持ちの補給食、ランチパック的なものを一つ食べるが、全然回復しない。

術後3年半の診察、再発無し、血液も基準から外れている項目はいくつかあれど概ね問題なしとのことで一安心。今日もいつも通り聖橋を渡り、湯島聖堂~神田明神~湯島天神~上野公園とフラフラしながら歩く。天神様に父が無事退院したお礼と姪の国家試験のお願い。

上野で適当な店に入り生姜焼き定食。食ったとたん元気回復。ランチパックとは違うと思った。元気が出たので先週より賑やかな上野の桜を見て回った。

Ws001738聖橋から神田川

Ws001741西郷どんとスカイツリーの比較

Ws001739つい、映画「少林寺」の真似をしたくなる湯島聖堂

Ws001740湯島天神の梅

 

| | コメント (0)

2019/03/21

午後の散歩

明日は採血なので今日はおとなしくしてる日。前日に走るとどうも変な値がでる気がするので。

そこで、おとなしく散歩。近所の杉林を通って2時間ほど。別にテストのつもりではなかったが、杉林を通っても特になんともなかった。不思議だ。

何ともなかったというのは花粉症のこと。一昨年あたりから自分もついに花粉症になった、まいったなあと皆に言いふらしていたが、もしかして違うのだろうか。アレルギー検査は受けていないのでそこが今一つ強気になれないところだ。

しかも自分の場合は、花粉症と言っても鼻水は出ないしくしゃみも出ない。咳が出るのと目がショボショボするのが症状。もしかして違うのだろうか。ひょっとしてただ埃っぽさを感じてるだけなのだろか。少し自信が無くなってきた。


今日は午前雨、午後から気温が一気にあがって風も強かった。サクラの花はまだ小さいが、コブシの白い花があちこちで咲き始めて綺麗だ。足元にはスミレ、タンポポ、それから紫の花。紫の花の名前がわからなかったので帰ってから調べてみたらヒメオドリコソウという花に似ているようだが、記憶を頼りに調べているので今一つ。カメラとか電話とか図鑑とか持ち歩けばすぐにわかるのだろうけど、荷物になるのがどうも苦手でいかん。

| | コメント (0)

2019/03/17

カフェインレスコーヒーもう一杯

カフェインドーピングと称して仕事中やたら5杯も6杯もコーヒーを飲んでいた時期があったが、近ごろはどうも胃が荒れるようになってしまって、一日2杯までと決めている。

仕事中は時間優先で粉コーヒー、家では最近UCCの職人のコーヒー(緑)をもっぱら飲んでいる。。

最近、マラソン大会の前には1週間ほどコーヒー断ちをするのが習慣となってしまった。これが実は結構ストレス。そもそもこの習慣はレース中に摂取するカフェイン入りジェルの効きを良くしようという魂胆から来てるので、カフェイン断ちというのが正しい。ならばカフェインレスならいいだろうと、館山マラソンの前はUCCのカフェインレスのコーヒーを飲んでみたが、あまりぐっとはこなかった。
Ws001737

先日、切らしているそば茶を補充しようとスーパーのお茶のコーナーに行った際、「ブレンディ やすらぎのカフェインレス」というのを見かけた。そば茶はもっぱら夜にに飲む用なのだが、そうか、カフェインレスなら夜に飲んでも怒られないなと思って、その「ブレンディ やすらぎのカフェインレス」をカゴに入れてレジスターにお金を払ってみた。

帰ってさっそく摂取してみると、これが矢鱈うまかった。

やたら気に入ってしまってこの頃はもっぱらこれにしている。カフェインが入ってないなんて何のためにコーヒーを飲んでいるのかという気もするが、味が好きなんだからしょうがない。これなら一日2杯制限を解除してもう一杯くらいいいだろう。


--
ディランのアルバム「欲望」はスカーレット・リベラのフィドルがめちゃくちゃ熱い1曲目の「ハリケーン」をかつてNHK-FMの軽音楽をあなたにでアンリ菅野さん(確か)の曜日に聴いて以来好きすぎてひたすら愛聴しているが、2曲目エミルー・ハリスとのデュエット「コーヒーもう一杯」もエトランゼな感じで非常に好きだ。歌詞の One more cup of coffee for the road の "for the road" という英語っぽい慣用句はこの曲で覚えた。



| | コメント (0)

2019/03/05

東京後

朝、職場の朝礼のあと同じフロアの同僚が「雨で大変でしたね」と言う。別の人も近寄ってきて「完走できたの?大迫に勝ったじゃん」と恐れ多いことを言う。二人とも走る人ではないが、関心を持ってくれていたらしい。

他部署に用事で行くとそこでも「どうだった?」と聞かれる。

4人ほどいる社内の走る仲間は、わざわざ私の部屋まで来てくれるので、詳細に報告する。

マラソンを走ったあと、こんなに声を掛けて貰ったのは初めてだ。

--
その東京マラソンのスタート前、さあこれからという肝心の時に時計とペアリングができなくなった心拍センサ、いきなりだったのでもしかしたら断線とか水が沁みたとか故障じゃないかと心配したが、電池を交換できることを知って試しに新しい電池に入れ替えてみたら直った。よかったよかった。

Ws001735


| | コメント (0)

2019/03/04

東京マラソン

ゴール後、飲料食料メダルタオルの配給を受ける他、「荷物預けなし」エントリであることを示す「白ゼッケン」の人たちは、おまけで特別に「フリース上着」と「ポンチョ」を着させてもらい、直ちに会場を誘導される。冷たい雨の中これは助かった。


しかしそのまま「白ゼッケン」の流れについて歩いて行くと、どうも自分が荷物を預けたランステのある新丸ビルから逆方向に進んでいくので、案内スタッフの方に「新丸ビルに行きたいんですけど」というと申し訳なさそうに「交通規制してるので、遠回りですけど向こうからぐるっと回ってください」と言うので、「そうですかわかりましたありがとうございます」といってそのまま進む。


そして最後どこに誘導されたかと言うと、地下道だ。


雨は降り続いていたので、これはありがたいと思って階段を下りていく脚が筋肉痛でぎこちない。そして「わかりました」といいながら何もわかっていなかったというのは、地上なら歩いて5分の目的地にたどり着くまで、勝手わらかぬ地下道を、あっち行ったりこっち行ったりしながら1時間程さまよい歩いたということだ。なんたるバビロン。走りすぎて脳みそのGPSも電池切れになったのか。いや、地下だからだ。


--
10日前からチェックしていた天気予報は日に日に雨の可能性が低くなり、昨日寝る前に確認した天気予報(tenki.jp)では、雨の降り始めは16時以降となっていて、なんとかゴールまで持ちそうだと楽観していた。それが当日の朝に一転、電車の中で確認したらばっちり朝から雨の予報に変わっていてびびった。スタートの最寄り駅の新宿に降り立つとなるほど、確かにばっちり降っている。


雨を確認し気力が萎えたあと、スタートまでに一度トイレにいこうと思った。新宿駅のトイレはすでに長蛇の列だし会場だと雨の中でもっと待つことが容易に想像できたので、もう一度丸の内線に乗って二駅隣の中野坂上に移動し、待ち時間ゼロで用を済ませた。参加者に付与された東京メトロの一日パスをうまく活用した形。荷物は来る途中ランステに預け手ぶらなので身軽。


改めて新宿駅ににもどり、雨の中早朝の新宿を都庁に向かってずんずん歩いて行くのはかなりワクワクした。洋服ポストに入れる用の古いウィンドブレーカーを着てたのでその時点ではまったく寒くはない。自分の入場ゲートはGATE2。「荷物預け無し」用のゲート。前日受付で本人認証のため手首に付けられたリストバンドをスキャンし、金属探知機のゲートをくぐる。荷物のチェックが無いから割とスムーズに通過できた。


スタートブロックはD。締め切り15分前の8時30分に入ったが、雨の為か影響か人の集まりが遅く結構前の方だった。そのうちDブロックの先頭に4時間のペースランナー一同が入ってきて「みんな4時間切りたいかー!」と気合を掛けているが反応が薄い。それはきっと、みんなもう少し上のタイムの人だからではないかと思う。自分も昨年の長野マラソンのグロスタイム3時間38分で申請したがこのブロック。自分なんかよりずっと速い3時間24分の記録を持つ山中伸弥教授ですらこのDブロックがあてがわれているので、4時間ペースランナーの位置としてはちょっとどうだったのかと思う。


その後人が集まり出し、入り切れないので前に詰めるよう再三アナウンスがあって、ストレッチどころかもはやシューズの紐を締めなおすためにしゃがむ余地もない。腰が痛い。洋服ポストに入れる服は手渡しリレーで両脇のスタッフに渡すように指示があり、自分もウィンドブレーカーをなんとか脱ぎ横の人にリレー。海外からの参加者が非常に多いがみんなで仲良く協力。


スタート。ゲートを通過してもしばらく渋滞するが、数百メートル進み右折すると広い道路、センターラインの両側6車線全部が開放され人が散っていき一気に渋滞解消、一気に走りやすくなる。下り基調なので道路を走者が埋めているのも向こうまで見渡せ、気分高揚。


その後も人が多い割には道路が広いので混雑を感じることはあまり無かった。またこれも全体を通して路面が良いことにも走りやすさを感じた。轍が無いだけでなく表面粗さというかザラザラ感も少ないのでとっても走りやすい。水溜りも少ないので雨でもシューズがあまり気にならない。


一方、噂通りGPS時計のペース表示が役に立たない。ビルの影響らしい。渋滞が終わった2キロ~10キロまでのラップは全部キロ5分を少し切るくらいの数字をガーミン時計は示していたが、一方10キロ地点でキロ看板に対してすでに200メートルくらいのずれがあったので実際は5分5秒くらいだったと思われる。(ちなみにゴール時点では42.195kmに対して43.02kmを示した)。このまま時計のラップを信じてたらことだ。と思ってそこからは時計は見ずに本能で走ることにした。結果、本能もかなり誤差があったようで目標タイムには届かなかったが、また、本能でトイレ休憩も二度ほどとったが、いつも時計のペースばかり気にして走っているのに対し、時計を気にしないで走るのは新鮮で不思議な感じだった。


信号機の看板など見て地名を確認しつつ、仕事で行く機会の多い飯田橋や神田の神保町から小川町、病院に行くときに地上乗り換えで寄る浅草橋といった、馴染みのある場所をこうして違う風景のなか走るのは乙なものだった。そして名所的なものとしては、浅草の雷門での折り返し、終盤39キロの東京タワー、そしてラスト1キロ有楽町から東京駅まで両側人垣が埋め尽くす石畳区間。いずれも感に堪えぬものだった。具体的に言えば「わーい」と言いたくなるような高揚があった。


そういえばセキュリティの関係で持ち込み制限が厳しく、いつも給水用を貰うために持参する飲み口のついたマイボトル(ドレッシングのボトル)も持ち込み禁止だった。中身が空でも水筒やペットボトルの類いは持ち込めないとのこと。しかたなく苦手な紙コップでの給水であったが、結構うまくいき一度もむせなかったし、寒さで黒のメイタンすら摂れないほど手がかじかんでいたので、給水のたびにボトルのキャップの開け閉めをしなくて済んだのはむしろ好都合だった。ボトルを使うのは飲みやすさのほかに体質の問題で1回あたり200mlくらい確実に摂りたいという意味もあるが、今回は寒くて発汗量が少なかったこともあり、1回紙コップ3cm程度の少量でもとりあえず足りて良かった。


Ws001736
38.5kmを走るハイネケンの筆者、ユーチューブより

そういえば速報記録の検索から山中教授のタイムを見たところ、5kmの通過タイムが私とほぼ同時だったことが分かった。
 0:29:26 山中教授
 0:29:25 私
そうだったのか!気付かなかったなあ。一瞬でも並走したいというのが影の目標だったが、これは達成したと言っていいのだろうか。山中先生はその後、私より7分17分早い3時間25分台でゴールされたとのこと。差は広がるばかりだ。

20190309
山中先生とのタイム差を間違えてた(わざとではない)のを直した(7分→17分)(これはひどい)ついでに、ユーチューブで見つけた38.5km地点の筆者をこっそり追加。


Ws001734
東京メトロの一日パスと、ミウラ折りの東京観光ガイド


--
一方、走らせてもらってこんなことを言うのもなんだが、実を言えばこの大会を無邪気に楽しめない気持ちがずっとあって、走り終わった後もそれが残った。何かの訓練なんじゃないかと思うようなセキュリティ対策、大会のため普段住んでいる都庁周辺から追い出されている人達、表彰式での知事の尊大な態度と唇を紫にしながらどこまでも献身的なボランティアスタッフの対比がいみじくも示す権力による統制の構図、マラソンの為にこんな犠牲を強いて大規模にやる必要があるのかと思ったりもした。


でも、現場の親切で丁寧なスタッフさんボランティアさんには心から感謝している。おかげで無事に走れました。雨の中長時間お疲れさまでした。ありがとうございました。

| | コメント (4)

«京都後、東京前