« 応援には弱い | トップページ | ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ »

2009/04/19

完走タオルを貰った

長野マラソン,正直、完走できると思っていなかった、正直。まさなお。


脳の血管の問題もあったし、左の股関節の故障もあったので、とりあえず今日はスタートだけして無理をしてはいけない,初マラソンの雰囲気を味わえればいい、くらいに思っていたので、完走できたのはうれしい。

スタートしてすぐに,御開帳中の善光寺前の交差点を通過した。振り返って善光寺さんに「筋違いだとは思うんですが,無事完走させていただけるとうれしいのでお願いします」とお願いした。

前半はロット、パオパオビール、山岳王の水玉ジャージと言った自転車ジャージの人を見つけてグルペット気分を楽しむことができ、20キロ前後は6137さん、30キロ前後は8820さんといったペースが安定した人が近くにいたおかげで、自分もペースキープができた。

未知の領域である35キロからはさすがに故障個所やその他もろもろが痛かったが、道端にいたどーもさんとハイタッチができたのでがんばった。(実際はどーもさんは手が上がらないのでミドルタッチ相当)

運営も評判どおりスムーズで見事だった。係員やボランティア,応援の人たち,みんな感じがよかった。

完走はみんなのおかげだな。どーもさん,善光寺さんも含めて。忙しいのに送り迎えしてくれたり心配してくれた実家の家族にも感謝だ。マラソンってのは人をなにかそういうシオラシイ気分にさせるようだ。

しかしあれだな,長野マラソンはフェスティバルだと思った。出走者だけじゃなくて,おじいちゃんおばあちゃん,子供,みんな道端に出てきて応援してくれているのを見ると,彼等もこのイベントを楽しみにしていることが伝わってくる。長野マラソンのことについてはあとで完走記にまとめたい。てか,去年のフジロックの感想文をまだアップしてなかったことに今気付いた。あした慌ててやろうと思うが,そもそも明日起きれるのかがわからない。

ちなみにレースの模様は来週NHK放送らしい。クイックステップのジャージでカメラに向かって天を指差すポーズをしているのがいたらそのばかはオレだ。

|

« 応援には弱い | トップページ | ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 応援には弱い | トップページ | ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ »