« ディランを見てきた | トップページ | ジャクソンブラウンのトリビュートアルバムを聴いている »

2014/04/21

2014長野マラソン

いかんかったのは朝飯を食べたあと、ウィークエンドサンシャインを聴きながらちょっと横になってしまったことだ。意識が戻ったころには10時を回っていて、ゴンチチの世界の快適音楽セレクションを聴きながら大慌てで荷物をカバンに詰め船橋の家を家出。

道中の補給は握り飯とチョコ。チョコなんて珍しいもんを摂取してるのは先日のためしてガッテン。チョコを喰うと怪我が早く治ると言っていたからだ。さしあたってどこも怪我はしてない。

ビッグハットに着いたのは午後3時。これは予定通り。桜が満開。受付を済ませ、会社関係のブースを他人の振りで通過し、向かいのNHKのショウウィンドウにドーモさんがいないのにがっかりしてから、今晩泊めてもらう飯山の実家へ。
Dsc00118_s

実家に着いてとくにすることも無く、庭で猫の写真を撮ったり名簿を見たりしたが暇なんで、今のうちにゼッケンでもつけておくかと思って判明。なんたる粗忽、家にウエアを忘れてきた。一瞬、着の身着のまま自転車のゲロルシュタイナー長袖ジャージで走ることも考えたが明日は晴れの予報、熱中症は必至、しょうがないのであわてて地元のスポーツ店でウエアを購入したけれど、参加賞のティーシャツという手もあったと気づいたのは翌日走り始めてからのこと。


たらふく晩飯、朝飯を頂いて飯山線で北長野。耳からはコーナーショップ。体育館で着替え。隣の人と天気について会話。念のため日焼け止めを塗る。

スタートブロックはG。風は冷たいけど背中に当たる日差しはすでに暑い。スタートラインまでのロスは3分19秒。3キロくらいからやっと集団がばらけて走りたいペースで走れるようになって善光寺さんを左折、中央通り、男声合唱団がオー・ケンタッキー・ホーの歌を歌う。楽しくてしょうがない。13キロで小用。1分ロスしたがこのあと更に楽しくなって自然にペースがあがる。エムウェーブ前のYMCAポイントも快調に通過、エムウェーブで折り返して有料道路への坂を上って料金所、中間点を通過。このあとのちょっとした下り坂の道路が右下がりに傾いていて、ここで初めておや?と思ったのだった。走りづらい。道が傾いていて右ひざが痛い。やだなあ。向かい風だし日差しも暑い。やだなあ。

人間の精神というのは、と書いて自己嫌悪に陥るのは一般化することで自分の精神へのダメージを軽減しようとする卑しさを感じるからで書き直せば、私の精神というのは弱いなあ。と思った。道の傾き、向かい風、暑さ。これらをネガティブに感じたところから足が明らかに重くなり、35キロ、ついにキロ5分30秒まで落ち込んだタイムを見て脳みそがたたき出した計算結果、ゴール到達予想タイムが自己ベストを下回った時点で左の内転筋が痙攣をはじめ、腰に巻いたエナジージェルを2本残したまま摂取する気力も無くただの重し、周りの景色が見えないままゴール。

タイムは3時間49分ちょうど。手元の時計を止めてみたら3時間45分台。おや?正式タイムの自己ベストは46分でそれには遠かったものの、正味時間のベストは44分半くらいだったはず。あと1分。13キロ地点での小用ロスが無ければ、あるいは35キロ地点での脳みそが間違った計算をしていなければ。

いやいや、それも含めて実力が足りなかった。脳みそが弱気だった。

完走タオル、今年からメダル、長野県産コシヒカリのおにぎりとボランティアの高校生のねぎらいの言葉をいただいていい天気。終わってみれば今年も楽しかった。着替えをして広場にいたドーモさん、スノーレッツ、アルクマにちょっかいを出し、昨年同様もっとも待ち行列が少なかった軽井沢三笠ホテル幻のカレーのカレーパンを購入、スタジアムで最後のランナーを見届けながら喰う。最後の選手と一緒にゴールしたワイナイナ選手はほんとにいいな。カレーパン、うまかった。

Dsc00123

Dsc00129

シャトルバスで長野駅に着き、アルクマグッズを大人買いし、千曲川沿いに桜が咲き誇る飯山線で実家へ、晩飯をたらふくいただき、上信越道、関越道、シャッフルでお願いしたアイポッドが本気をだしたので一緒に歌ったり踊ったり高い集中力のまま無事深夜に帰宅。来年はおれも本気を出して3時間半を狙いたい。


|

« ディランを見てきた | トップページ | ジャクソンブラウンのトリビュートアルバムを聴いている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディランを見てきた | トップページ | ジャクソンブラウンのトリビュートアルバムを聴いている »