« 館山若潮マラソン2017に出てきた | トップページ | 幅が足りないと思った »

2017/02/15

2017愛媛マラソン

松山空港に着陸したJALの機内アナウンス、機体を揺らした風が皆様にとっては追い風となりますように、との愛媛マラソン参加者への応援の一言に気を良くして着地した松山は、曇り空で風は冷たい。伊予鉄の路面電車内では、毎年梅まつりの頃に寒波が来てそれから暖かくなっていくという会話が聞こえる。


受付を済ませて、今年は初めて大会前日に行われる開会式に行ってみた。川内選手が出るそうなので。会場は満員ですでに満員で抽選会の抽選券も配布が終わっていたが、川内選手のカレー話が聞けた。


Ws000814
開会式

一時は週間予報で雪の予報も出ていたので、雪のレース+川内選手という2013年長野マラソンを思い出さざるを得ない展開もあるかと思ったが、天気は大丈夫そう。


毎年お世話になっている国際ホテルにチェックインし、フロントの皆さんから手作り応援みきゃんで歓迎され毎年のことながらうれしくなってしまう。大街道の飯屋で鯛の荒炊き定食を頼んだらすごい迫力。腹ごなしに大街道を往復して宿に戻りゼッケンをウエアにつけて就寝。


Ws000816
今年の応援みきゃん

翌朝5時過ぎに自然に目が覚める。なんでこんなに目覚めがいいのか。朝食は、例年は前日に買っておいた冷たいおにぎり4個とかだけど、今年はホテルの朝食付き。やっぱ温かくておいしい朝食は元気が出ると思った。


天気は晴れてるが気温は低く強い風が心配だったので冷え対策で念のため腹にワセリン塗布。持参した腹巻を着用するには及ばない感じ。手袋は参加賞のM社製手袋Mサイズが自分の手にジャストフィットで具合がよさそう。持参したのではなくこの参加賞のグローブを着用。荷物受付時間ぎりぎりまで部屋で粘って8時50分会場へ向かう。


Ws000817
参加賞M社グローブ

スタートの列に並ぶ。Dブロック。日向にいると暖かい。少し列が前に進んで木陰に入った途端に寒い。寒い位置のままスタートセレモニー。市長、知事、ゲストの方、土佐さん、高橋Qさん、みんな話が短くコンパクトで気持ちいい。みきゃんをはじめとするキャラクターの皆さんに送られながらスタート地点の伊予鉄県庁前駅付近に移動。10:00号砲。3分くらいの差でスタートライン通過。1キロほどでさっき出てきたばかりのホテル前を通過。従業員さんが表に出て応援してくれててうれしい。


そのあとざっと42キロくらい走ってゴール。
特筆事項としては、

・15キロ過ぎに先頭を独走する対向車線の川内選手と遭遇したこと。こっち側のランナー(自分含む)が自分のことそっちのけで大声援を送るのに笑った。
・脚が攣らなかった。
・天気が良くて海、山、みかん畑の景色が気持ちよかった。


あと、相変わらずいい応援が多かった。
平田の坂を越えた辺りの「いずれ着く」というちっちゃな手作りプラカードを持って立ってる人が秀逸。男性女装ランナーの通過で笑いが起こる中、ええよ。ええよ。と一人許しを与えるようなじいちゃんの声援もいい感じだった。


ゴールするとそれこそ何十人という中学生か高校生が待ち構えていてハイタッチ攻め。そしてふわふわ厚手の今治タオルを肩に掛けて貰い、記録証、荷物受け取り、青年会議所の芋炊き、pascoのパン、JALのスープと甘酒、JAのおにぎり、ヤマキのキノコがたくさん入った玉子スープ(NEW)。至れり尽くせり。ありがたい限り。


Ws000818
松山城


ホテルに戻って夕食券をもらったのでホテル内の日本料理店で早い夕飯。おかみさんから「走られたんですか?」と話しかけられしばしの会話。そのあと伊予鉄で移動しこれまた参加賞の入湯券で道後温泉に入ったあと、通りがかりのタオル店のおばあさんに話しかけられ楽しい長話。そういえばお土産の山田屋のまんじゅうを買った店でも「走られたんですか」と話しかけられた。どういうわけかやたら話しかけられる三日間だった。


Ws000819
応援も走者もお土産屋もダークみきゃん率が高かった

一応、今回は館山若潮マラソンの2週間後で、その館山は脚が攣って練習不足が露呈し、その後もあまり走れてなかったのでタイムは期待できない。とりあえずキロ5分半でいいやと気楽な気分で走った。そしたら5分半ペースで最後まで行けて結果として愛媛マラソン4回のうちの一番良いタイムでゴールできた。何が良かったのか。


脚が攣らなかったのが一番大きい。やっぱりペースを抑えれば脚も攣らないということなのか。これが適正ペースだということか。いやそうではない。とうかそういうことにしたくない。次の長野マラソンではキロ5で走りきりたいのだ。ここはメイタンのサプリメント「2RUN」が効いたのだということにしておきたい。機体を揺らした風が追い風になったのだということにしておきたい。


アサヒの鍋焼きうどんと松山空港の心ひかれる階段の言葉をチェックし、今年も楽しかった。来年も来れますように当たりますように、と念じながら松山をリーブ。



Ws000820
アサヒの入り口にて


Ws000821
階段


|

« 館山若潮マラソン2017に出てきた | トップページ | 幅が足りないと思った »

コメント

今年も愛媛マラソンにご参加頂きありがとうございます。そして完走おめでとうございます!

天気予報では雪なんて言ってましたし、前みたいに東京からの飛行機が飛ばないなんて事態にならないかヒヤヒヤしてましたが、晴れて風もそんなに強くなくて本当に良かったです。

「いずれ着く」は他の何人かの方もblog で取り上げてましたよ。名言だと思います。来年もお願いしたいですね。
おじいさんはもしかして「おーい まだ1時だぞー あと3時間もあるんだぞ! ゆっくり走らんかー 」と叫んでいた方と同一人物かしら?これも他のblogで見つけたんですが、ツボでした。いかにも松山のじいちゃんが言いそうな言葉ですよ(笑)

平田の辺りは楽しそうですね。来年は私も平田に陣取ろうかな?

そして来年はランナーっぽい方を見かけたら勇気を出して話しかけてみようかな?いつも話しかけたくてムズムズしてるんですよ。

県外の人は当たりやすい仕組みになってるんですかね?それとも、くじ運?
来年も当てて来て下さいね。待ちよるけんねー。

投稿: 脱走犯 | 2017/02/16 21:52

脱走犯さん

今年も楽しませていただきましてありがとうございました。
来年はぜひ平田の坂でお会いしたいですね(笑)
他の人はどうかわかりませんが私は話かけてもらうたびにうれしくて心の中でにやにやしてしまいます。

件のじいちゃんは私が通ったときは「まだ1時だそー」とは叫んでませんでしたが、もしかしたら同じじいちゃんかもしれませんね。いいじいちゃんでした。

県外枠ありますよね、4年連続で走らせてもらえたのはくじ運だけはないよなと確かに思うんですが。でも今回同宿の人が県外の人が3年落選して今回やっと走れたと言っていたのでよくわかりません。

まあ何しろ来年も当選するようにがんばります。

投稿: nbb | 2017/02/17 23:16

4年連続ですよね…持ってますね!
マラソンの申し子とかかも?
他の大会はどうなんですか?エントリーしたのはほとんど当たるって感じなんですか?
今年はいつも陣取っていた場所にテープが張ってあって、入れなくなってまして、どこで応援するかずいぶんウロウロしました。来年までに新しいポジションを決めとかなきゃ。坊ちゃん団子の所にしようかしら?アレ、応援の人も食べて良いのです。大盤振る舞いですよね。ありがたや~。

投稿: 脱走犯 | 2017/02/18 21:12

へー、大盤振る舞いですね。いいなあ。
実は走りながら食べるのが苦手なんでいつも指をくわえて見てるだけなんですよ。その代わり給水のポンジュースはありがたく頂いてます。

申し込むのは割と先着順の大会が多いんですよ。抽選で申し込んだのは愛媛と東京だけです。愛媛にはおかげさまで選んでもらえますが、東京マラソンは8年連続で落選中です笑。

投稿: nbb | 2017/02/19 08:15

どーも、夜な夜な愛媛マラソンに出た方のblogを読み漁り、不気味な笑い声をあげております私です。
またまた面白いじいちゃん話を見つけました。
「ワシは20年前は2時間30分で走ってたんじゃー」と、おらんでいるじいちゃんがいたとか。あ、「おらんで」=「叫んで」です(笑)
毎年、沿道では掛け声のセンスが絶妙な方がいらっしゃって(主におじさん)周りを笑かしてくれます。私の歴代1位は「銀のさら頑張れ~!」「おっ、銀のさらお帰りっ!」です。これ、どんな状況かわかります?
 
東京マラソンは想像しただけでもワクワクしますね。出たいとは1ミリも思わないけど、応援してみたいです。もし東京マラソンに出走されたら、愛媛はかなりショボく感じるかもしれませんね(^_^;)

投稿: | 2017/02/21 23:53

銀のさらですか。うーん何でしょうね。

応援といえば、たしか一昨年「そうだそうだ。マイペースで行くのが一番いいんだ」とおらんないで(?)逆に小声で言い聞かせるようにつぶやいてたじいちゃんも妙にいい感じで記憶に残ってます。

東京はどうなんすかね。一度くらいはという気もする一方、スタート前のビル陰で寒さに震えながら待つ時間が憂鬱です。出るわけでもないくせに(笑

投稿: nbb | 2017/02/22 20:55

叫ばないで=おらばないで ですよ(^_^)
銀のさらって全国チェーンなのかしら?お寿司のデリバリーしてるとこです。
配達のお兄ちゃんがコースの向こうのお宅に行きたいのだけど、運悪くランナーが多い時間帯。沿道の皆も「渡れんやろ~」と心配。でも僅かな隙間を狙って華麗に渡り切ったお兄ちゃん。一同拍手!配達に急ぐ背中に向かっておじさんが「銀のさら、頑張れ~」とおらぶ。一同から笑い。しばらくしてお兄ちゃんが帰ってきたのをいち早く見つけたおじさんが「おっ、銀のさらお帰りっ!!」またまた華麗にコースを渡りきる。一同「無事配達できて良かった良かった」
…一体私たちは何の応援に来てるのでしょーか(笑)
「なんだよそれ、ランナーへの掛け声じゃないじゃん。分かるか!」って怒らないで下さいね。なんだかこの一件が妙にツボだったんです。
 東京、いつか走れると良いですね。きっと感動すると思います。人数が多いから熱気で寒くないんじゃないかな?それはないかしら(^_^;)

投稿: 脱走犯 | 2017/02/23 00:18

「おらばない」だったか!活用失敗。
銀のさら、わかります。そんな一幕があったんですね。マラソン大会で配達の兄ちゃんに迷惑かけて申し訳ないと思う一方、その一致団結感を想像するとなんか楽しいです。

今度の日曜日の東京M、ずくがあったら(北信州の方言)応援に行ってみようかな。

投稿: nbb | 2017/02/23 21:12

ずく=時間、暇 とかですか?
日曜日は天気良さそうだし、愛媛マラソンの時より暖かそうですね。
関東地区では東京マラソンの放送はずっとやってるんですか?こっちは3時間くらいしかやらないみたいです。

投稿: 脱走犯 | 2017/02/24 19:32

こっちでも3,4時間くらいみたいです。南海放送の足元にも及びません。

ずくは、少々億劫なことでも厭わずマメにコツコツ取り組む気力、みたいな意味です。なかなか出ないのが特徴です(笑

投稿: nbb | 2017/02/24 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館山若潮マラソン2017に出てきた | トップページ | 幅が足りないと思った »