« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017/10/29

手賀沼エコマラソン2017

台風22号の影響で完全に雨の予報。同日開催の横浜マラソンは早くも中止を決定。正直言って手賀沼も中止になってくれないかと前日の時点で思っていたが、大会ホームページを見てたらちょっと楽しくなった。


たとえば、大会パンフレットの訂正に関するこんな記述だ。
Ws001023

思わず甲斐バンドを歌っちゃったじゃないか。少し落ち着いたらどうなんだ。アンナー。


朝4時に起きて朝はん軽ーく食って、5時半に大会ホームページを確認。開催するとのこと。直ちに家出。仲間と合流。手賀沼は仲間と一緒に走る唯一の大会だ。いつものウエアに50円のビニールポンチョを羽織ってスタート。


幸いだったのは、今年からゼッケンが事前配布されるようになり、当日の受付が不要になったこと。毎年受付が行われる公園の芝生は雨が降ると足元がグチャグチャの水溜りになるのでそこにシューズを付けたらもう走りたくなくなることうけあい。またその受付地点からスタート地点までの経路も細く、昨年は晴れていても大渋滞だったことを考えると、雨だったらもっとひどいことになっていたような気がする。そういった意味で雨の今年、事前配布でほんとによかった。


一つ心配だったのは楽団。手賀沼エコマラソンと言ったら楽団。中でも6キロ過ぎくらいを受け持つ風早中学の楽団が私は好きで、はっきり言って毎回これが楽しみで参加していると言っても過言ではないくらいだが、ただ今回はこんな雨のまさかとは思うが応援の演奏に駆り出されたら気の毒なので応援無しでお願いしたい気分だった。

スタート地点、市立柏高の演奏が無いとのアナウンス。賢明な判断。楽器がだめになったらことだ。4.5キロ地点、雨の関係で演奏ができない二松学舎高校の楽団の皆さんが拍手で応援してくれて感激する。そして6キロ過ぎ。あった風早中のテント。中には誰もいなかった。ほっとした。横風もある地点こんなところにいたら風邪をひく。


そんな中でも和太鼓の人たちは元気なんだよなあ。2か所で応援してくれてた。すごいよ和太鼓の人たちの元気は。ただ太鼓の革が心配。


スタート3分後に50円のビニールポンチョを勢いよく脱ぎ捨てたのを折り返して風向き反転向かい風になったときに若干後悔しつつ、ゴール後に走るのをやめたとたん俄かに寒さが襲ってきてさらに後悔しつつ、ポカリとバナナをグチャグチャの受け取ってスタッフの高校生に感謝しつつ、水溜りで泥だらけのシューズをすすぎつつ、なんとかクルマに戻り、仲間と合流、大会パンフレット付属の珍来の餃子半額券を携えて珍来に直行。

| | コメント (0)

2017/10/03

松本マラソン

松本に行くのは何回目だろかとか考えながら松本入り。柔道の大会で来たのは中学の時分、友人と旅行に来たのは会社に入って1年目、心当たりはその2回だけだな。こんなに少なかったか。

前日の夕方にスーパーあずさで松本入りし、国宝松本城、市立博物館、重文旧開智学校、時計博物館を駆け足でめぐる。参加案内に同封されていた無料入場券がありがたい。秋晴れの松本城は青空に映え、旧開智学校は木製の階段の手すりとか表板が開閉する式の児童机とか見て楽しかった。時計博物館は残念ながら入館時間に間に合わず。手首のロガーの歩数は1.4万歩。回復のため山賊焼定食で補給し明日に備える。


Ws000946 Ws000947 Ws000948 Ws000949 Ws000950
松本駅、アルクマがお出迎え(写真左)。そして青翰堂書店、松本城、児童机、旧開智学校。

当日、朝はん軽ーく食って、6時45分松本駅へ。気温は8℃。ランパンがちょっと寒い。カウンターを手にした係員が乗車人数で列を区切っている。整然としている。10分ほど待って乗車、10分あまりでスタート会場に到着。

降車の流れに乗って更衣室の体育館へ。着替えと言っても上を脱ぐだけなので一瞬で済ませ、荷物預けへ。場所がわからなかったので係の高校生に聞くと「あっちです」と端的に答えてくれる。コンテナの振り分けはゼッケンの末尾番号式。この方が混雑が少ないような気がする。

荷物を預けたらもうすることが無くなったので、スタート地点へ行くことに。スタート地点の場所がわからなかったので、係の高校生に聞くと「あっちです」と親切に教えてくれた。全体的に案内標識が少なかったような気がしたが、係の人と交流できる利点を感じる。自分の方向感覚の鈍さも感じる。

スタート地点ではようやくブロック分けが始まったところ。私があてがわれたBブロックに行ってみたものの、Bブロックの部分がちょうど日陰になっていてちょっと寒い。まだ時間が早いのでいったん脱出。近くの駐車場で日向ぼっこ。放送では今の気温15℃と言っている。完全な晴れなので日なたは暖かい。

ブロック閉鎖時間が近づいたのでBブロック末尾に並び、信濃毎日新聞社小坂社長が「軽井沢ハーフ」の名前を度忘れして皆の心をつかんだ挨拶などを聞き、8時30分号砲。ゴー・フォー・ブローク。

練習量を鑑みペースを抑えてるのでらくちん。松本城までの下りもその後の川沿いの道も楽しい。登りも苦にならず越後湯沢が効いていると思った。風が涼しくて気持ちいい。日差しが強い割にはそれほど暑さを感じない。

補給所が良かった。給水所1カ所につき、十分に間隔をあけてスポーツドリンクの机が4つ、水の机が4つはあったんじゃないだろうか。混雑する最初の机を避けて最後の机のスポーツドリンクを取り、走りながら飲んで、むせて、それでも次のテーブルから水を取る余裕があるという抜群の配置。長野マラソンよりも余裕があったんじゃないだろうか。食べ物のある補給所では、食べ物のテーブルのあとにもちゃんと水のテーブルがあるというありがたさ。

松本空港のスカイパーク。なんて気持ちのいいコース。リンゴ畑の脇の上り坂もまだ大丈夫。ゴール地点をいったん通り過ぎてからは、折り返してきた走者とすれ違いに走るいわゆるスライド区間。速い人たちを横目で見ながら走る。結構楽しい。

32キロを過ぎると計算しやすい残り10キロ、漠然とした目標の4時間まであと1時間5分ある。1キロ6分半で間に合う。楽勝。と思ったとたん、ペースが落ちてきた。風がだいぶ強まってきた。脚はだいぶ弱まっている。

37キロ、残り5キロで残り35分。1キロ7分で間に合うじゃないか。精神の弱さが発揮され、さらにペースが落ちる。ゴールの競技場が近づき、序盤からずっと近所を走っている山雅ジャージの人が声援を受けるが彼も私と同様もう序盤の元気はない。

競技場の外をぐるっと半周して競技場に入るとゴールまで陸上トラック。適度な反発がやたら走りやすい。なんとか4時間を切ってゴール。

おしぼり、完走タオル、完走メダル、スポーツドリンク、 凍らせたリンゴジュース 、おにぎりを順番にいただいて、体育館で着替え。スポーツドリンク、おにぎり、リンゴジュースを順番に飲み干して、シャトルバス乗り場の方向をまたしても親切な係の人に教えてももらい、予約しといた帰りのスーパーあずさまで時間の余裕がなかったことを後悔し、予備で持参したパンをかじりながら会場をリーブ。


Ws000951 Ws000952 Ws000953
スポーツドリンクの種類によっては(アクエリアス)胃に合わなくて後半飲めなくなるのだが、
このスポーツドリンク飲みやすかったゴールドパック株式会社あずみ野工場製造 SPORTS
WATER(写真左) そして塩尻駅でアルクマの見送り(写真右)

| | コメント (2)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »