« おかやまマラソンに出てきた | トップページ | ひさびさに膝が痛くなった »

2017/11/17

膀胱鏡検査を受けた

怒られそうなので黙っていたが、実は松本マラソンのあと、茶色いコーラのような明らかにいつもと違う尿が出てしまって、いろいろ検査を受けていた。それが今日ようやく「異常なし」ということになった。

コーラのような尿については、なんなら学生の頃から「夏の合宿の時に出た」というような話を柔道部や格闘技の仲間から聞いてはいたが、自分が出たのは初めてで、いざ出てみるとこれは結構心配になる。コーラ色は走り終えて2時間後にほんの少量出ただけで、その次からは正常に戻ったけれども、自分の場合は腎臓を切ってるので、念のため病院に行くことにした。

最初にかかりつけ医で尿検査。赤血球が5-10と単位はよくわからないが、正常値0-4のところオーバーしておることがよくなかったらしく、腎臓の手術をした病院で診てもらうよう言われた。
それで、手術をした大学病院で診てもらったところ、10月に撮ったMRI画像からは特に異常は見当たらないが、念のため尿の細胞診をすることになった。これは尿にがん細胞があるかどうかの検査だとのこと。

翌週。再びお世話になってる御茶ノ水の大学病院。細胞診の結果は5段階評価の3。グレーとのこと。それを聞いてにわかに不安になってきたが、別の意味でもっと不安になったのは、次に恐れていた「膀胱鏡検査」を受けることになったこと。尿道からファイバースコープを入れて膀胱内を調べる検査だという。なんという恐ろしい検査なんだ。

その膀胱鏡検査を今日受けてきた。結果は異常なし。きれいな膀胱だとのこと。

コーラのような尿はおそらくミオグロビン尿というやつで、激しい運動やマラソンなどで筋肉がダメージを受けると出ることがあるとのこと。腎臓にとって良くないのではという質問には、まあ1回や2回程度ならさほど心配ないことが多いが、水分補給に注意することは大切とのこと。


ちなみに膀胱鏡検査はこんな感じだった。

検査の前に排尿をすませ看護師さんに案内され検査室に入る。画像モニターが付いた検査装置と検査用の椅子がある。簡単に検査の説明を受け、下だけすべて脱ぐように言われ、看護師さんは出ていく。言われた通り下を全部脱いで待つが、下に何も履いていないことのなんという不自然さ、如何ともしがたい寄る辺のなさ。なすすべなくどっちを向いて待っていたら良いのかもわからず、苦し紛れに検査装置を見る振りなどしていると、看護師さんが入ってきてバスタオルを渡してくれた。

検査の椅子に座るように言われる。両脚の太ももを置く場所があり、それで脚が開く仕組みになっている。主治医の先生が入ってきて検査が始まる。

まずは、椅子に備え付けのちっちゃなカーテンで上半身と下半身を仕切られる。そして椅子が後ろに倒される。「ごめんなさいね、始めますよ」と言って消毒、そして麻酔のジェルの注入。「入れていきます。モニター見えますか、これが尿道です」。ここまであっという間。まだ痛くはない。そして「ここから前立腺一番狭いところなので痛いですが、ゆっくり進めていきますね」。確かにかなり痛かった。イテテと声が出るくらい。

膀胱に入ってしまうと痛みは無くなって、膀胱を膨らますために生理食塩水を少し注入し「ああきれいですね。何もありませんね、はい終わります」と言ったと思ったらもう抜き終わっていた。最初の消毒からこの間2分くらいだったのではないだろうか。何たる早業。

例えばこれ、胃カメラの検査と比べてどっちがつらいかと考えると、ほぼ互角の印象。瞬間最大痛みは膀胱鏡の方が何レベルか上だがその分所要時間が少ない点で救われる。

そのあと、看護師さんに見せてもらったファイバースコープ、直径5mmということだが思ったよりも太くてしっかりしたものだったのでびびった。こんなものが入っていたのか。

感染症を防ぐために水をたくさん飲んで尿を出すようにすることと、排尿時に痛みが出るかもしれないが2,3日で治っていくことなど検査後の説明を受け、抗生剤の処方箋をもらって検査終了。最初の排尿は、麻酔のゼリーと空気少々混ざってた。少ししみた。

|

« おかやまマラソンに出てきた | トップページ | ひさびさに膝が痛くなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかやまマラソンに出てきた | トップページ | ひさびさに膝が痛くなった »