« 術後検診、2年9か月 | トップページ

2018/06/23

収穫の初夏

長野の実家の兄がきゅうりと根曲がり竹を送ってくれた。
きゅうりは何しろ実家のがうまい。プロのきゅうり。
届いたらまず一刻も早くかじってみることにしている。


まず新鮮なのがなにより。あと、種類が違うのか畑の作り方が良いのかわからないけど、
スーパーとかで売ってるのと明らかに皮が柔らかく、明らかに味がうまい。
そして一番うまいのが、実はスーパーでは売ってないこの小さいやつ。
曲がってるやつは将来流通に乗らないので小さいうちに取ってしまうんだそうだが、
こうやって無駄にしない。無駄にしないどころがそれが柔らかで一番うまい。
Ws001300


根曲がり竹は、近所の人から貰ったとのことで、そのおすそ分け。
もちろん、サバの水煮の缶詰で煮る。
もちろん、剥いだ皮は指に付けて遊ぶ。それが基本。
ほんとこの根曲がり竹の濃い滋味というのはなんなのか。そしてサバ水煮との相性といったら。
Ws001301 Ws001303

ちなみに、先週は笹餅を送ってもらった。
山向こうの越後の笹団子のように餡が入ってるわけではなく、餅だけを笹に挟んだのシンプルな一品。
これも北信州で育った自分にとっての懐かしい味。
まだ柔らかい餅を包む笹の香りがさわやか。砂糖醤油ないしはきな粉を付けシンプルに食べるのだ。
Ws001299


あと、山椒の実も貰った。
これももちろんまずは一粒かじってみる。
昔はこれをかじると目が良くなると言って、子供は度胸試し的にかじったものだ。
舌が最高にしびれる。
たくさん貰って全部生でかじるわけにはいかないので、
お湯でさっと茹でて冷凍保存することにした。
Ws001302

貰ってばかりの人生だ。
田舎があることの幸せ。


|

« 術後検診、2年9か月 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 術後検診、2年9か月 | トップページ