« 手賀沼エコマラソン2018 | トップページ | 新米 »

2018/11/11

2018成田POPランに出てきた

2016年に続いて2回目の参加。近場なので気楽。いつもの出勤時間くらいに家出。日本で2番目に運賃が高いことで有名な北総線~成田アクセス線で今回は成田湯川に下車。ここから序盤のコースを逆走するようにして徒歩30分で会場到着。日差しが強くすでに汗びしょ。半袖なのに。だいじょぶなのか。


受付でゼッケンを受け取り参加賞を受け取り体育館で着替え。大会唯一の注意点としてゼッケンに穴が開いてない=安全ピン止めのスキルが必要、というのは前回確認済みなので今回老眼鏡を持参するなど抜かりが無い。参加人数がちょうどよくて快適なうえ、トイレにはスキルの高い誘導員がいてやたらスムース。


スタート15分前に列に並ぶ。めちゃくちゃゆるくて最高。日が照ると怖ろしく暑く、日が陰るとひんやりとする天候。目標は前回よりは早く買ってくること。走り始めてすぐにその前回のタイムを確認してこなかったことに気付く。


成田POPランは、序盤中盤終盤、スキのないコースレイアウト。
下り基調ながらアップダウンだらけの序盤
平坦ながら直角カーブが連続日陰無しの中盤
登り基調なのに登り下りばかりの終盤。


走ってる最中は幸い日差しは控え目だったのが助かった。前回ほどヘトヘトにならずにゴール。ポカリスエットを子供が「はい」と渡してくれてうれしい。荷物受け取りで高校生がニコニコと走りながら荷物を持ってきてくれるのがうれしい。


体育館の更衣室ではシャワーも使えて最高。電話機でグーグルドライブに書いておいた前回の記録を確認。今年の方が1分ほど速かったようで良かったなあと思った。


なんならもう一回ハーフを走る気になれるなら、家までジョギングで帰ることも可能だが、素直に成田湯川までバスで戻った。成田湯川駅はアミューズな要素を排除したストロングな駅なので周辺は昼はんを食べるようなところなどない。セブンイレブンのくるみ大福を持参した本当に良かったと思った。


成田POPランに出てきた(2016)http://coconiimasu.cocolog-nifty.com/coconiimasu/2016/11/pop-0572.html

|

« 手賀沼エコマラソン2018 | トップページ | 新米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手賀沼エコマラソン2018 | トップページ | 新米 »