« 寺泊シーサイドマラソン(2019) | トップページ | 成田POPランに出てきた(2019) »

2019/10/28

手賀沼エコマラソン2019

ゴールしてまず今年は特別に25回記念タオルが配布され、これがビニール袋に入れたのを渡してくれるので、その後にバナナ、ポカリスエット、ヤクルト、アミノバイタル粉を次々と受け取ってもそのヘナヘナ袋に入れられるのでとても重宝だった。

そして配布されたポカリスエットのサイズが最高だった。900ml。曇で暑さは感じ無かったものの気温はそこそこ高かったので先週の寺泊と同じく3リットルくらい発汗してる感じであり、直ちに命を守る行動をとってください、と危険レベル4が脳みそから発令される中、900mlはありがたかった。仲間のゴールを待つ中、頂いたものをすべて摂取し(タオル除く)、危険回避に成功した。

タイムは先週よりもだいぶ遅かった。人数の多い大会なので最初の5キロくらいは思うようなペースで走れない上、やたらとインターバルが掛かって脚が疲れてしまうので、記録更新はあまり期待はしてなかった。それでもコースのベストが出て良かった。

それよりもやはりこの大会で楽しいのは楽団だ。今年は例年よりも多くの箇所で楽団の応援があったような気がする。スタート前に場内アナウンスで楽団名と応援ポイントの発表があるのだが覚えきれないので、できればパンフレット記載してほしいところだ。

今年は5キロ過ぎの和太鼓の人たちが非常に良かった。BPM=95前後の拍子がおれのステップにバッチリ合って折しも渋滞が解消されたタイミングとも重なりここからリズムに乗れた。その興奮冷めやらぬまま続いて7キロ手前で聴こえてきたのはコンガのリズム、今年もハイライトは風早中学楽団の演奏だ。「負けないで」とか「パプリカ」とかそういったありふれた定番曲は演奏せずひたすら南米のグルーブで楽しませてくれる彼らが好きだ。私が通過したときはちょうど曲間だったようでコンガに合わせて他の楽器の人たちは手をたたいていた。先生も手をたたいていた。おれもたたいた。楽しかった。

Ws002088
朝7時準備が進むメイン会場。左に見えるのがゴールのゲート。右奥の茶色の建物が先日の大雨でも手賀沼の氾濫を食いとめた北千葉導水ビジターセンター。

Ws002089
あぶない!

|

« 寺泊シーサイドマラソン(2019) | トップページ | 成田POPランに出てきた(2019) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺泊シーサイドマラソン(2019) | トップページ | 成田POPランに出てきた(2019) »