カテゴリー「膝の皿」の記事

2017/11/25

ひさびさに膝が痛くなった

実はおかやまマラソンを走ってから右膝の皿の下に痛みが出て、今日まで約2週間続いてて、たのだが、朝燃えるゴミを出しにいったら右の股関節に痛みが出たりしたもんで、さすがにこれはおかしいと思って、今日の午前中は右脚を調べていた。休みだったので。

そしたら右の四頭筋にやけに凝っていて指で少しグリグリするとやたら痛む場所を発見。位置は大転子の一寸下のあたり。3dmくらい下のあたり。

これはいわゆるトリガーポイントってやつだと思ってしばらく指でほぐしていたら、膝の痛みが一気に引いてびびった。

トリガーポイントといえば、自分は走る量が増えると(といってもせいぜい月間150kmくらいだが)右腿の裏側に坐骨神経痛だか梨状筋症候群だかそんな感じの痛みが出がちで、そういうときは大体「しっぺた」というのは方言なのだろうか、いわゆる大殿筋の窪みのあたりから、筋肉の隙間を指で探っていくと凝っている部分があって、それをほぐすと痛みが引くことが自分の中でが知られていた。
しかし膝の皿の痛みがこんなとこから来てるとは、まあわかってみればわからなくもないけど、わからなければわからなかったなあと思った。

おかやまマラソンの後半はいつもとは違う謎の快走だったのでいつもとは違う筋肉が疲労した影響が膝に来たということかと思う。そういえば前にも右の皿が痛くなったことがあった気がして日記をたどると、2015年の長野マラソンの後だった。これもまさしくいつもとちがう走りで自己ベストを出したレースだった。練習と違う走りをしちゃいかんと思った。


覚え書き

 膝の痛み詳細
   ・右の膝の皿の下
   ・マラソンを走った後から2週間続いていた
   ・ジョグをしたあとしばらく痛む。
   ・椅子に長時間座っていても痛む。
   ・歩いていてもなんだか膝が不安定。

 トリガーポイント
   ・右の大転子の下あたり、四頭筋(大腿直筋)
   ・指でグリグリすると明らかに周囲と異なる痛み
   ・椅子に座ってる状態でグリグリしてもわからなかった。
   ・立って「気を付け」の状態でもわからなかった
   ・右足を緩めた「休め」の体勢だとよくわかる

 効果
   ・トリガーポイントを右手の指先でグリグリほぐしたら膝の皿の痛みが引いた。
   ・しばらくしたら膝の痛みは戻った。またトリガーポイントをほぐしたら痛みが引く。
   ・その繰り返しでだんだん良くなってきた。
   ・夕方10キロジョグ。段差を踏んだりして痛みが出たらその都度四頭筋をほぐした。
   ・ジョグの後、痛みは出なかった。その後もいまのところ痛みは出ていない。

| | コメント (0)

2016/05/07

膝の件、静脈の件

以前書いた階段を上るときに右の膝の皿あたりがポキポキ鳴る問題(その記事)が、ここにきて一気に改善している。ほとんど鳴らなくなった。何が良かったのかというとたぶん姿勢。思い当たることとしたらそれしかない。

姿勢をどうしたのかというと、
 ・膝を伸ばす
 ・股関節(の前面)を伸ばす
の2点を意識するようになった。こんな感じ(絵)。

Photo

といってもこれは階段を上るときの注意ということではなくて、日常の行動全般でそう意識するようにしたら、いつの間にか階段ポキポキが無くなっていたという順番。例えば立位では膝も股関節も完全に伸ばしてロックさせる。骨盤をまっすぐ真上から股関節に乗せる感じ。歩くとき、走るときは、股関節に骨盤をしっかり載せて股関節前面にストレッチ感を得る感じ。


思えば柔道の延長で自然本体というか摺り足というか、膝を曲げ気味にした常にスキのない体勢での生活を送ってきた。それを今回改めるきっかけになったのは、3月にマラソン用のシューズをリプレイスしたことで(その記事)、シューズの履き心地が自然と膝を伸ばし股関節を伸ばす(股関節に垂直に体重を載せる感じ)動きに導いてくれ、そうすると膝の調子がいいことに気付いて、長年のクラウチングスタイルを改めてみたところ、改善に向かったという次第。

膝の問題と言っても、実は周囲の筋・腱・関節のバランスの悪さが影響してたりするんだなと、まあその関係についてはすんなり理解できる。

一方でこっちは難易度が高い。というのは下肢の静脈怒張問題(その記事)まで改善してきたことだ。なにか流れが良くなったのだろうか。膝が良くなってきたのと同じタイミングで血管の浮き出しや痛みが半減。まあ因果関係はよくわからないが、とにかくこの調子でいろんな流れが良くなってくれるとありがたい。

| | コメント (0)

2015/11/18

ひざが鳴る鳴る昇降時

語呂を優先するあまりつい虚偽の題名を付けてしまったが、実際に鳴るのは上るときだけ。階段を上るとき、右の膝がポキポキ鳴る。鳴るだけで痛みは無いのだがあまりいい気がしない。

右膝が鳴ることを最初に発見したのは確かおととし、それは片足スクワットをしているときのこと。どこからか音がしてるのに気づき、最初どこかわからず、それが膝だと特定するまでだいぶ時間がかかった。音に合わせて膝の皿に弱い振動があったのでやっとわかった。そのくらいだから痛みはまったく無く、その頃はまだ階段では鳴らなかった。それが最近、やや音が目立つようになってきて、会社から帰宅して家の階段を上るときには大体鳴る。

膝蓋骨滑液包炎かな。などと、職場の机から発掘されたスポーツ障害の本でつい昨日知ったばかりの用語をさも以前から知っていたかのように言ってみる。

そして嫌なことを思い出すのは、一度この袋(滑液包)を破裂させてることだ。それは苗場に移ったフジロックにレイジが来たときだから1999年だろうか、その時にグリーンステージで右膝を痛めて、それがきっかけで滑液包に水がたまるようになり、半年ほど医者に水を抜きに通った挙句、最終的には会社の後輩と合気道の練習をしているときに誤って地面に膝を打ちつけて、水がたまる袋が破裂したのだった。(それ以来水はたまらなくなった)

それで滑りが悪くなっているのではあるまいか。

いずれにしても膝にとって良くないと思うのでなんとかしたいと思っていて、経験的に膝蓋骨への張力がある程度安定していたほうが音が鳴りにくいとわかっているが、かといってまわりの筋肉を鍛えようとスクワットなどしてみるとポキポキ鳴りやがって明らかに逆効果。


そんな折、ないしは今日、件のスポーツ障害の本のリハビリトレーニングのページに書いてあった方法には、この手があったかいい事を教えてもらったと思った。それは片足スクワットなのだが、四頭筋に対してエキセントリックな運動(膝を曲げる運動)だけ選択的に行うというもの。曲げる時は片足でゆっくり(このとき鍛える)、伸ばすときは両足(楽に)。

Dsc_0410


やってみるとかなり良くて、これだと音が鳴らない。音が鳴るのはもっぱら膝を伸ばす(四頭筋を収縮させる)動作のときだけなのだ。

なお、膝の上部に負荷を集中させるためだと思うが、本では傾斜板の上で行うような説明になっている。急いで探した。いくら探しても我が家には斜めの板は無かった。




20160508 追記
その後、日常の姿勢を良くすることを意識したところ、明らかな改善があったので、別の記事に書きました。(その記事


20171125 追記 さらにその後、マラソンの後に膝の皿の下が痛くなり、その後、大転子の下あたりの筋肉に凝りを発見し、それをほぐしたら痛みが引いた、という話 →ひさびさに膝が痛くなったl


| | コメント (2)