« うなぎスト | トップページ | 水を飲んでいる »

2023/08/02

AMD Firepro W5100 最新ドライバの導入

統合ドライバの導入がすんなりといかなかったので念のため書いておく。

先月、自宅の仕事用のワークステーションが故障した(SSDとHDDの同時故障。ショックでかい。)
即日発送してもらえるところを探し中古でDELLのPrecision Tower3620を1.5万円で購入した。
家では基本的に型遅れ中古を使っている。必要に応じてパーツの補強は多少するが、一昔前の型でも性能は十分なので。
しかし新品の20分の1の金額とはいえ、この出費もショックでかい。

これをしばらく使っていてグラフィックの調子が変だと思っていた。
まだCADはセットアップしてないのだが、例えばgoogleマップの拡大縮小に手間取る。また地球表示のチェックがグレーアウトして有効化できない。

グラフィックボードはAMDのFirePro w5100。
ずっとNvidiaのQuadroシリーズを使ってきたのでAMD(昔のATI)のことはよくわからない。でもま、とりあえずドライバの更新だろう。

AMDのサイトからドライバをダウンロード。
ソフトウエア関係はRadeonと統合されているようで、名前がRadeonになってる。

何も考えずインストーラ(win10-radeon-pro-software-21.q2-june18.exe)を実行。
まずファイルの展開が始まり、そのあとインストールプログラムが起動するところでエラーメッセージ。
 Failed to create OpenGL context for format ...
 This is most likely caused by not having the necessary graphics drivers installed
とのこと。
Ws000146

必要なグラフィックスドライバがインストールされてないからだ、というようなことを言ってるが、
わしはそのグラフィックスドライバをインストールしようとしているつもりなのだ。

堂々巡りなのでwebを探すとAMDのコミュニティにこの件についてのジャストなスレッドがあった。
https://community.amd.com/t5/drivers-software/amd-firepro-w5100-failed-to-create-opengl-context/td-p/502444
結果としてこれで解決した。いわく

 ・未完に終わったインストールの残骸をつかって、ドライバを手動で更新。
 (デバイスマネージャ>AMD FireProW5100のプロパティ>ドライバ>ドライバの更新>コンピュータを参照してドライバを検索>上記フォルダを指定(例えばc:\amd\Win10-Radeon-Pro-Software-21.Q2-June18))

 ・そののちにセットアップを実行
 (c:\amd\Win10-Radeon-Pro-Software-21.Q2-June18\setup.exe)

これで導入が成功し、googleマップが快適になって地球表示もチェックが入るようになった。
グラボの専用ソフトウエアも使えるようになって、CADも安心して入れられる。


というようなことを(一昔前のグラフィックボードなのでもはや需要は無いと思いつつ日本語の情報が見つからなかったので&こういう設定メモはハードディスクに保存していたが今回のような故障で失ってしまうとことなので)念のため記事に残してみた。
でもAMDコミュニティのスレッドも2023年だった。まだ使ってる人いる。いいことだ。もう消費の時代ではなし、古いものを使っていくのが吉。

 

|

« うなぎスト | トップページ | 水を飲んでいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うなぎスト | トップページ | 水を飲んでいる »