« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024/02/25

中敷きのことも考えている

ずっと硬くて感じが悪いと思ってた厚底4に別の薄底19のインソールを入れたら、先日のマラソンでえらく快適だった.

秋くらいから右足がモートン病気味。つくばマラソンでは中盤以降、五本指靴下が足指の股を押す痛さで苦しんだが、よくよく確認すると五本指ではないノーマル靴下でも指の股が押されてる感が出るし、なんなら裸足でも出る。押してるものが無いのにだ。つまり痛みの原因は神経とかの障害っぽい。モートン病とうのはそういうものらしく走る人にも多いらしい。

その痛みが出るようになったきっかけは秋から履き始めた厚底4(仮名)ではないかと思っている。今でもこのシューズを履くと痛みがでやすい。なんというか大きな力に対する厚底ならではの緩衝性能は感じるのだが、一方でそれとは別のビリビリ感が前足部にある。高周波成分というかノイズと言うか。ちなみに厚底4の二つ前のモデル厚底2ではではそういうことはなかった。

もともと厚底4に入っていたインソールは3.7mm、薄底19から引っこ抜いたのは4.3mmで少しだけ厚い(ノギス実測)。また材質も、厚底4の方が低反発で粘性が強い傾向で低反発材特有の底つき感があるのに対し、薄底19の方が粘性が少なく押した分押し返してくる感じという違いがあるように感じる。

そういえば足裏の痛み対策だと言ってインソールを2枚入れてると言ってる知人がいて、かなり楽になると言っていた。それを聞いたときは自分の足はまだモートンではなかったのであまり関心が無く、よくそれで走れるなくらいにしか思ってなかった。

でも考えてみれば、足裏が感じる柔らかさは直に接するインソールが一番関係するだろうから、2枚入れるというのは一つのアイディアとして部分的には正しい。あるいはミッドソールやアウトソールは変えられないけどインソールなら替えられる。

真っ先にヘタるのもインソールだと思われる。ある程度使って、なんか最初の柔らかさが失われたもうお仕舞だと思った場合でも、インソールを替えればとりあえず足裏の柔らかさは蘇る。そうやって定期的にインソールさえ新しいのに取り替えれば結構長く快適に走れるのではないか。場合によっては。

大発見をしたような気がしている。

ただ最近ではインソールが接着されていて交換しずらいシューズが増えてきている。手持ちの中にもそういうのがある。折角の大発見なので残念である。さらに言えば今回ばっちりだった薄底19のインソールもインソール単体では販売していないようだ。

なお、薄底19はエアロ19、厚底4はズームフライ4のことである。どっちもとっくに廃盤である。

| | コメント (2)

寒がっている

昨日は晴れたので走った。午後の気温は8℃くらいあって、下は長ズボン、上も長袖にウィンドブレーカ、手袋もしてたのに、日が陰ってきた途端に寒くなって寒くて敵わなかった。手がかじかんでシューズの紐を解くのに苦労したほど。

今日は雨だったので埼玉のレイクタウンに出かけた。雨の日は基本的に走らない。シューズが濡れると後始末が面倒なのが一番の理由だが、この時期はそれ以前に寒いというのが最大の理由だ。しかし道路には走ってる人がやたらといる。雨だけでなくクルマの外気温は4℃を示していてかなり寒いと思うのでが、はつらつと走っている。どうなってんだと思う。寒くないのだろうか。

自分もかつては寒くない人間だった。ときどき職場などでみんな寒い寒いと言いながら厚着してるのに一人だけ半袖でいるやつがいるが、それが自分だった。雪国で育ったが雪国の中でも薄着な方だった。それが数年前から急に寒がりになった。

冬のマラソン大会なんか見てるとよくわかるのだが、速く走れる人の方がエネルギーを燃焼している分薄着の傾向があって、ゆっくり走る人ほど厚着の傾向がある。自分は自分と同じくらいの位置で走ってる人の中で観察すると明らかに寒がりに属している。寒がりの上位10%以内に入ってると思う。

きっかけとしては腎臓の手術というのがあるような気がしてるが、手術をした位置はとりあえず副腎皮質ホルモンに関係する場所から離れてるし直接の原因ではないはず。以前誰かが、お腹を切って手術をすると何か大事な期待のようなものが抜けたみたいに体質が変わってしまう、と言っていてもちろん例え話でそんなエクトプラズムみたいなのはないのであるが、自分の場合、もし何か抜けたものがあるとすれば、ご飯かもしれないとか思う。

ときどき旅館の食堂などでご飯がセルフサービスでお替り自由なところがあるが、一人でどんぶり3杯食べて迷惑をかけるやつがいるが、それが自分だった。ほんとうは4杯食いたいくらいだった。

それがこの手術をきっかけにして、以前のようにたくさんは食べなくなった。血液の数値などを気にするようになって意識的に大食いを控えたということもあるが、筋肉量が落ちて(手術前後で体重が7kg減った)代謝が落ちて以前のように体が要求しなくなったこともあると思う。手術は直接のきっかけというより間接的な関係だという風に思う。

実際、寒いときはご飯を沢山食べるのが一番の暖房だと思うくらいご飯を食べると体が温まる。逆にマラソン後半のようにご飯が抜けていくと寒くてたまらない。

ご飯を沢山食べる必要があると思って、今日はレイクタウンまで行って愛媛県フェアでみかん、山田屋まんじゅう、じゃこ天などを仕入れてきた。じゃこ天はノーマルじゃこ天と、玉ねぎが入ってるのと、幻のじゃこ天(販売員の人がそう説明してくれた。何かの魚100%らしい)。お米の方もありがたいことに昨日実家から北信濃の幻の米を送って貰った。これでしばらくは大丈夫だ。

Ws000387みきゃん移動中(頭が見える)

| | コメント (2)

2024/02/18

競歩のことを考えている

マラソンで競歩の人に遭遇したのは愛媛マラソンだけでない。初めて追い抜かれたのは信州駒ヶ根ハーフマラソンだった。前半は下りなので4:30/km台で何とかついていたが、中盤の平坦でペースが落ちた途端において行かれた。

愛媛では競歩選手が4人でリレーしたが、その内2人が中野実業高校の出身と知って驚いた。隣の市の高校だ。2人ともオリンピック経験者とのこと。そのことを同校で柔道選手だった弟に聞くと、弟の在学中にも確かに競歩選手はいたとのこと。でも特別先生がいたわけではなくてOBや先輩から習ってたんじゃないかなとのことだった。

そういえば子どもの時分に学校に競歩の選手が来たことがある。小学校だったか中学校だったか記憶はもう定かでないが、全校集会でデモンストレーションを見たり歩き方を教わったりした。長野県内の選手だったと記憶してるがあれは何だったのかな。大きな大会で優勝したとか日本記録を出したとかで県内の学校を回ったりしていたのだろうか、今となってはよくわからないが、もしかして信州は伝統的に競歩が根付いてる土地柄なのだろうか。

とか思いながら競歩の日本選手権をユーチューブで見ている。トップの選手すげーピッチ速い。速すぎて数えられないがざっと数えて230歩/分。あんな歩きはできないが、あの腕振りを真似するとなんか調子が出るんだよな。肩こりも治る。でも出鱈目な物真似なので人がいるところではやる勇気がない。

 

| | コメント (4)

2024/02/14

伊予松山に行ってきた

いやそんなことは昨日書いた。わかっとるがまだ書きたい。

と言っといてさっそくなんだが今年は飛行機代が高かったのがつらかった。
せっかくの遠征なのだから前日の午前に松山入りして、翌日夕方にゆっくり帰ってくればいいのだが、少しでも安い時間帯を選んだ結果、前日午後に松山入りし、翌日昼過ぎに帰るといういつも通りの気の利かないプランになってしまった。
それでも運賃は去年のざっと1.6倍。3連休だったことも関係してるのか宿代も割高だったので、他の大会参加を節約してやりくりした。愚痴終了。

飛行機の中では、離陸前の安全ビデオを熱心に見ている人が多かった気がする。自分もそうだ。どうしても正月の事故を思い出してしまう。

今回、「ALLいよ鉄3DAY」というものを利用した。
いつも利用していたスクラッチ式のフリーパスは廃止になって、今はスマートフォンの「みきゃんアプリ」または「乗換案内」から購入するモバイルチケットのみとのこと。
またフリー乗車のモバイルチケットには「市電のみ」とバスや郊外電車も使える「ALLいよ鉄」がある。リムジンバスを使うことや、すべての行動予定から何回電車に乗るかと概算してみたら「ALLいよ鉄3DAY」が一番安上がりだと思われた。

ひょいと松山空港に降り立ち、チケットを買わずにリムジンバスに乗り込む。愛媛マラソンの時はいつもリムジンバスは満席になって乗れない人も出るので、ロスタイム無しに乗れる「ALLいよ鉄3DAY」の恩恵をさっそく感じる。
Ws000317
通りの向こうにそびえるやたら存在感のあるものは何か。答えはこの後すぐ

 

リムジンバスは大会の受付会場近くでも停車するがそこでは降りず、その先の大街道で降り、まずは投宿のホテルにチェックイン。荷を解いて身軽になった後、路面電車で受付会場に。無敵の「ALLいよ鉄3DAY」なので電車使い放題。

前年まで屋内で混みがちだった受付の会場は今回から屋外の城山公園となって待ち時間ゼロ。空いた時間で出店のシューズなどチェック。おりしも隣接する愛媛県美術館で開催中の「コンドウアキのおしごと展」も大変魅力的だったが、マラソン前日としては腹をこしらえることが優先されるので、インターネットで「チャーハン」と検索して出てきた一番近くの中華料理屋「台北」で特製チャーハン880円をストマックにチャージ。川内選手がカレーなのと同じく自分はチャーハンとうことになっている。細かく刻んだシャキシャキの筍と人参が秀逸な大変好みのチャーハンであった。
Ws000318_20240214212001
おしごと展

Ws000319_20240214212001
正解はNHK。あの塔はこれだった。

 

宿に戻って少し水を飲んで適度にジャンプしたり腹を振ったり。こうして大会前は食事と一緒に胃に入った空気を抜くことにしている。意外と効果ある。

翌日曜日は大会当日。大変満足に走ることができた。

後泊して月曜日、宿をチェックアウトして「コンドウアキのおしごと展」も行きたかったがまだ開館時間になっていないこともあり、当初の予定通り一草庵へ。種田山頭火の終の棲家。市電の赤十字病院前駅から10分くらい歩いて到着。6年前に訪れたときと変わらずただそこにあった。梅が咲いてた。
Ws000320_20240214212301
Ws000321_20240214212301
踏み石を一足一足 行っては戻る

その後は海の方へ。いつもマラソンのコースに近い柳原とかに行ってみたいというようなことも思うのだがJR線の本数の少なさに二の足を踏んでいた。しかし今回、高浜方面なら伊予鉄が15分間隔で走っていることを今更知って、初めて行ってみた。伊予鉄なので「ALLいよ鉄3DAY」が使える。

まず梅津寺で降りた。きれいな海を眺めたあと振り向けば「みきゃんパーク」、左手には梅津寺公園。「ALLいよ鉄3DAY」は無敵なので梅津寺公園にも入れるのだが、今回の目的はここから高浜方面に歩いたところにある。梅津寺公園の梅は隣の歩道橋から眺めながら高浜駅に向かって歩く。途中、子規の石碑があって書かれている句をみて初めて向かいの海に浮かんでる島が興居島であることを知る。
Ws000322_20240214212601
みきゃんパーク

Ws000324
歩道橋から左に梅津寺の梅

Ws000325
興居島へ魚舟いそぐ吹雪哉 子規望郷の句

Ws000326
興居島

もう少し進むと目当ての石碑があった。隣家の犬に吠えられながら銘板を読んだ。四国の地面を踏みながら改めて読む山頭火かみしめる。
Ws000327
Ws000328

その後少し歩くともう高浜駅に着いてしまった。梅津寺駅から1キロかそこら。折角なのでもう一度歩いて梅津寺駅まで引き返すことにした。電車を使ってもいいのだがまた犬に吠えられるのも一興だ。マラソンの翌日なので足にダメージが無いことも歩きたい気分を後押しする。

梅津寺に戻って「みきゃんパーク」に入ってみた。メニューの中で一番気になった「みかんおにぎり」を注文。2階で海を見ながら食べた。どんな味がするのか想像できなかったが、これが超うまかった。今回の遠征で食べたもので断トツの一位。お土産に「みかんおにぎりの素」を購入したくらいだ。写真の技術的な問題はいかんともしがたい。
Ws000329
Ws000330

ずっとこの辺りを散歩していたい感じだったが一旦電車で松山市駅に戻った。くるりんに乗るためだ。

「ALLいよ鉄3DAY」は無敵なので高島屋屋上にある大観覧車「くるりん」にも乗れる。高所恐怖症のくせしてずっと気になっていた「くるりん」。愛媛マラソンの余韻が残る今なら大丈夫なんじゃないかと思って乗り場へ。乗り場では家族連れが前に1組うしろに1組。すると後ろに並んだ子どもが「ぜってーこええよ。ぜってー。だってはやいもん」と大声でゴネはじめ、親が「だいじょうぶだって、速くないよ」となだめている。その時点まではまだ平気だった。

観覧車はどっち向きに乗るのがラクだろうか。円の外向きか内向きか。とりあえず外向きに乗って後悔した。前に自分を支える構造物が何も見えないことの寄る辺なさ。冷や汗が出てきて、ただひたすら目の前のビルの側面にあるPのマークだけに意識を集中し、他には何も見えないと自分に言い聞かせた。一周して地上についたらさっきの子どもの両の肩をつかんで「ぜってーやめとけぜってーこええ」と言おうと思った。
Ws000331
Pのマーク

高島屋のエレベータを降り、松山市駅から地に足の着いた安全な路線バスで空港へ。いつもはリムジンバスを使うがマラソン&連休でぜってー混んでるので始発の道後温泉からでないとなかなか乗車できない。路線バスは松山市駅始発なので空いていた。路線バスなので停留所は多いが、降りていく人たちがICカードをピッとやりながら「ありがとう」と言って降りていくのを見てると気持ちがいい。自分も「ありがとう」と言いながら最後の「ALLいよ鉄3DAY」の画面を運転手に示して降りようとして、低機能スマートフォンが表示にもたつき後続の乗客に若干迷惑をかけた。

この画面表示にときどきもたつく点と、電話機のバッテリー残量が空しくなると一巻の終わりというリスクは常に感じていたが、好きなだけ乗り降りできる自由さは格別だった。くるりんにも乗れたし。なお、この「ALLいよ鉄」のモバイルチケットは、この2/29をもって廃止だとのこと。

空港一階の一番はじっこの、親切にいろいろ説明してくれた売店で、自分用のじゃこ天を購入。
家に帰って教えられた通りただそのまま温めて大根おろしをまぶしてご満悦。
Ws000332
空港。

| | コメント (8)

2024/02/13

愛媛マラソン(2024)

見れば増え見れば開きし 予報傘
いきなり五七五でその割には季語もなくてなんなのかと自分でも思うが俳都松山から帰ったばかりなので大目に見て欲しい。
雨風で大荒れの予報が出ていた。天気のサイトを見るたびに傘マークが増えていくし閉じていた傘マークが開いた傘マークになっていく感じだ。しかし実際には序盤に弱い雨がポツポツ当たったくらい。風も復路に入って向かい風がきつかったような気がするがそれほど苦にならなかった。気温が高かったおかげか手が冷えて困ることもなかった。
と思って観測データを見ると体感の記憶とだいぶ違う気がする厳しい数字。集中してたんだな。
Photo_20240213172901
tenki.jpより観測データ

 

一万人ふりさけみれば松山城@スタート
勝山町のホテルから会場の城山公園まで徒歩15分。9時に出ても9時半の手荷物預かりに余裕で間に合う。こんな楽な大会はない。
スタートブロックはD。オープニングセレモニーで出走者1万547人からの歓声がひときわ大きかったのは急遽オープン参加の松田瑞生選手。中村知事は出張とのこと。城山公園からスタート地点の県庁前に移動すると途端にビル風が強く、スタートまでの10分程が一番寒かった。
9
朝9時一番町通り。まだ降ってない。

 

ひよいと伊予路へ雨でも晴れきつてゐる@序盤
山頭火「ひよいと四国へ晴れきつてゐる」の真似である。すこし雨が降ってるような気もするが走る人の多さと応援の多さに気を取られてよくわからない。中央通りを右折して環状線に出た5km付近でやっと集団がばらけ、ようやく自分の足で走っている気分になる。ペースを確認すると5:05/kmと予定よりちょっと速い。今回は2週間前に痛めた足の爪にダメージを与えないことが重要な課題。そのうえでシーズンベストは更新したいなと思っている。少しペースを落とす。目安は32kmまで5:15/kmくらい、32km以降は5:30/kmくらい。これで3:45:00くらいになる寸法。

 

伊予路をマラソン人が駆け足でプラカード眺め行き過ぎる@平田の坂
五輪真弓の恋人よのパクリである。もちろん「伊予みち」と読むし「マラソンびと」と読む。平田の坂を無難に越えると「いずれ着く」のプラカードの人。すっかりおなじみとなり手を振る人も多い。
Photo_20240213191001
関連で翌日見かけた路面電車「進み続けりゃゴールに届く。」

 

マリモとは吾のことかとアルクマ云い
今回のアルクマ認識率(記憶ベース)。私とおそろいのビニールをかぶせたせいで見えにくかったかもしれない。
・「あらかわいい」「なに?かわいい」←たくさん
・じっと凝視&「あれなんだろう」←3名
・小さい子供が指さしながら「ほら見て」←3名(これが一番うれしい)・
・「やばいなにww ほらついてる」←1名(後述)
・「マリモ?」←1名
・「マリモさんがんばれ」←1名
・「ハイネケンがんばれよ!」←1名
ハイネケンとは私が来ていたウエアである。

 

山田屋のまんじゅうひとつ道なかば@光徳院
中間地点の、立岩川の上流にむかって緩やかに上る区間が好きでいつも調子が上がる。そしてそこを上りきった左側に山田屋まんじゅう本社があることを今回8回目の出走にして今頃知った。だからここで山田屋まんじゅうを提供してくれているんだな。走ってる最中に固形物を食べるのが苦手な自分だが唯一いつも頂いてるのが山田屋まんじゅう。山田屋まんじゅうと言えば公式サイトにある「著名な方々から一句」の中でしりあがり寿氏の、
 えべれすとのてっぺんにいしをつんで
 そのうえにおまんじゅうをチョコンとおく
がさすがの味わい。1個140円の高級品をほおばり右にカーブして見える海と島の景色も秀逸。ゴールまで残り20km。
Photo_20240213173001
山田屋まんじゅうをチャージする筆者(緑)。youtubeから。

 

テーブルの渡せる端に置くポンジュース白きを見れば塩舐めにける@JAえひめ中央北条
山田屋まんじゅうのあとは25.5kmの補給地点JAえひめ中央北条でポンジュースを飲み白い塩をなめ、ミネラルとクエン酸をチャージ。少し落ち気味だったペースが予定のペースに戻った。

 

信州をくまなく歩くアルクマと 伊予路で競歩の同郷と
26.5km付近で何か後ろの方が騒がしい。「はやいはやい!」という声が聞こえる。と思ったらすぐ隣をテレビカメラを引き連れた競歩リレーの3区松永選手が追い抜いて行った。速度もさることながら体の動きの速さがすごい。間近に見ると確かに「はやいはやい」と言うしかない速さだ。今回競歩の選手が最後尾からスタートし4名がリレー形式でつなぐという試みがあることを聞いていつ抜かれるか楽しみにしていた。4名のうち荒井選手と藤澤選手は長野県の出身ということでも注目していた。私と同郷であり私が頭に乗せているアルクマとも同郷である。しかも歩くことの専門家ということでもアルクマと共通している。気づいて一声かけてくれるか(私にではなくアルクマに)と期待したが後で知ったのは藤澤選手はこの前の2区、荒井選手はこの後の4区で邂逅は実現しなかった。このあと32kmまで粘れば荒井選手にバトンタッチだったらしいが、もしわかっていても追いつける速さではなかった。

 

踏みしめても踏みしめても忝い道@堀江
もちろん山頭火の「分け入っても分け入っても青い山」のパクリである。かたじけないを漢字で忝いと書くことを恥ずかしながら変換してみて初めて知ったがおかげでうまいこと字数が合った。
競歩の人に抜かれたあと競歩の真似をしたりしながら走っていたが、それが良かったのかペースが落ちることなく32kmまでの平均が予定通り5:15/kmでこれた。何より爪も無事なのがうれしい。この先2つのトンネルはうわーすげーと笑いが出るほどの向かい風。トンネルを抜けると堀江地区。この地区の方々と堀江小の子ども達がコースのゴミ拾いをしてくれたという南海放送のニュースを先日見た。平田の坂の手前のこの辺りのゴミ拾いをしてくれたんだなと思い出しながら走った。

 

爪も無事 詰めも無難にお堀越え@ゴール
足の爪にとって最大の難所である平田の坂の下りも無事に下れて安堵。もう走り切ったも同然。高校生の熱い応援隊。この子たちはサッカー部かなとかバスケ部かなとか想像する。野球部はすぐわかる。今日や説明会も含めて休みを何日か潰れているはずだがすごい笑顔で熱心に応援してくれる。40kmの辺りに今年も読者の脱走さんの応援。この40kmというのが絶妙で、もうすぐいるかなと思う手前2kmと応援で元気がブーストされてからのラスト2km、この詰めが甘くなりがちな最終盤に毎回大いなる貢献がある。ありがや。42km地点で左折しお堀を渡るとあと200mでゴール。
Photo_20240213173002
ニヤニヤ走りのハイネケンジャージ。「やばいなにww ほらついてる」の声。youtubeより

 

測ったら謀ったようなタイム出た
シーズンベストが更新できたのもうれしいし、このコースでは調子のよかった頃の2020年の次にいいタイムだったのもうれしいが、ガーミン時計の時間と事前の皮算用した時間がぴったりだったことには駄洒落を言いたくなるほど驚いた(スタートのロスタイムと距離の計測誤差は去年のデータから計算していて、ガーミン時計は計測マットを踏むタイミングと数秒ずれていたようで、それで一致したただの偶然とはいえ)。
Photo_20240213173003

 

マラソンは疲れるけど、愛媛マラソンはなんか元気になるな。
伊予鉄の市電に書いてあることばの中で私のお気に入りの一つ「幽霊はコワイけど、おじいちゃんになら会いたいな。」へのリスペクトでもある。
手荷物預かりの場所に向かって歩いていると、到着しないうちに向こうから持ってきてくれて驚く。ゴール後に楽しみにしている芋炊きのふるまいとJAが配ってくれている塩むすびのおかげで、筋肉の分解を抑制するための当座のエネルギー補給は大丈夫だろう。パスコのパンも2切れいただいた。宿に戻って着替えをし洗濯をしてから至極のひと眠り。起きて道後温泉に向かうと駅を降りたところですでにかなりの混雑。マラソンの人だけでなく観光客も多い。そういえば3連休だった。

温泉は諦めて引き返す市電、市電の俳句ポストにいつか投句したいと憧れるものの、ここまでご案内の通り駄洒落のようなものしか思いつかず投句への道のりは42km以上に遠い。できることと言ったら代わりにツイッターに投稿するくらいだ。
Photo_20240213173004
翌日も晴れたので行きたかった山頭火の一草庵に久しぶりに訪れることができた。6年前に来た時と変わらずただそこにあることにしみじみと感じ入った。

| | コメント (4)

2024/02/10

雨対策

明日の松山、マラソンの時間は雨とのことなので、

Ws000314

雨対策してみた。完璧だ。

Ws000312

よし、行くか。

 

| | コメント (12)

2024/02/03

また爪をやった

試し履きを10kmだけして、完璧だと思ったのでリベリオンフラッシュ2、すぐに館山若潮マラソンでも使った。
走行性能はやっぱり最高で楽しく走れたが、後半で爪を痛めた。
30kmまではどこにも痛みがなかった。爪も当たっていなかった。
しかし30km過ぎの長い下りで何かシューズの中のコンディションが狂ったのか急に爪が当たって痛くなった。足が動いたのかと思ってシューレースを締め直したがどうやってもだめだった。

煎じ詰めれば足と地面の相対速度(つまり接線力が生じている)あたりに問題があるだろうことはわかってる。
しかしわかってはいても、どうしようもなかったんだよなあ。
元気な時は問題ないのに、疲れて足のコントロールが狂ってしまうと如何ともしがたくなる。

それに、今思えば最初に足入れした時点で当たってるなとは思ってた。
ただ、走ってみたら問題なかったので気にしてなかった。試し履き10kmくらいではテストとしては足りなかったんだな。

館山から1週間経過して、爪は、直接当たるとまだ痛いが、当たらなければ気にならなくなった。
来週の愛媛はつま先に余裕のある別のシューズで走ればなんとかなりそうなのでよかった。

しかし前回のエンドルフィンスピード2にしても今回のリベリオンフラッシュ2にしても、今までで一番走りやすいと思ったシューズに限って爪が当たって痛めてしまって使えなくなるというのはなんなのか。残念でならない。

さしあたっては、どのシューズなら大丈夫か確認が必要。手持ちのシューズの中で一番サイズがでかいズームフライフライニットで今日10km走ってみた。
爪は大丈夫だった。(テストとして10kmで足りるのかという問題はもう忘れている)
このシューズもだいぶベテランになって気心がわかってきたせいかヘタってきたせいか、新品の頃よりも相性が良くなった。

爪は全体真っ黒ではなく面積の30%くらいが薄く紫色に変色して腫れてる感じ。2022年のつくばの時にエンドルフィンスピードでやったときとだいたい同じ。このあとは部分的に浮きはじめ、下からの新しい爪に押し上げられるようにして段差を形成し、全部きれいに生え変わるまでに1年かかった。完全に黒爪になって剥がれて再生するよりも手間がかかった気がする。しかし不完全ながらも強度はあって生活に支障が少ないし、1週間くらいで走ることもできるので全部剥がれるよりはまし。とりあえず処置としては帰ってからアイシングし、ロキソニンを飲んだり貼ったりし、風呂で血行を良くするよう努めたが、良かったのかどうかわからない。

| | コメント (4)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »