カテゴリー「手賀沼エコマラソン」の記事

2023/10/30

手賀沼エコマラソン(2023)

事前に送られてきた大会プログラムに「応援ボランティア」という頁があって、当然その頁からチェックした。中学や高校の吹奏楽、地域の和太鼓など11もの団体がコースのあちこちで演奏してくれるのがこの大会の楽しいところで、私は中でも風早中学の楽団のアフリカを感じる演奏をいつも楽しみにしている。しかし今年の名簿には残念ながらその名前はなかった。しかし代わりに「アフリカ応援太鼓」という見慣れない名前を発見した。これは何を意味するのか。変名バンドだろうか。

昨日が大会だった。雨の中スタート。手賀大橋を渡って湖岸に出て調子が出てくる7km過ぎ、いつもは風早中学の演奏が聞こえてくるところだが聞こえない。と思ったらなんか聞こえる。太鼓の音だ。もう少し行った先の8㎞地点にその太鼓を叩いてる人たちがいた。名前は書いてないがそうとしか考えられない。アフリカ応援太鼓だ。アフリカ応援太鼓は実在した。変名バンドではなかった。きっと同じことを思った並走者数名も次々に手を叩いたり手を振ったり今日最高の盛り上がりだ。楽器は太鼓だけ。雨の中ひたすら叩いている。ひたすら同じリズムで雨で冷える足腰の筋肉と心を心地よくほぐしてくれた。腰を開放すれば心も開放されるというファンクミュージックの神様ジョージ・クリントンの言葉を思い出した瞬間だ。

小雨。気温12℃。たぶん走るには絶好の気象条件。同じ走力の知りあいと一緒にスタートするというのも張りあいがあって好条件だと言える。アフリカ応援太鼓も気持ちの追い風になってくれた。そんな好条件ずくしの中でタイムは1時間43分。過去の手賀沼と比べると良くはない。このコースで最後に100分を超えたのは腎臓の手術3週間後に走った2015年なのでそれ以来の遅さだが、現状を考えるとおおむね予想通りなのであった。そもそも今回のテーマは「考えずにいい感じで走る」だった。

考えずにというのは何を言い出したのかというと、脚運びをあまり考えないことが重要だと最近気づいたのだった。

夏頃に坐骨神経痛がようやく良くなったのでだいぶ走れるようにはなったが、なかなか走り方が以前のようにならない。坐骨神経痛で脚が動かなかった頃に頭で補正して走っていた変な走り方が小脳のファームウェアを上書きしてしまったものと思われる。以前のようにならないものだからまたああでもないこうでもないと頭で考えて直そうとする。そのうちバグ含みのファームウェアで次々上書きされる悪循環。そもそもこういう本来無意識で行う単純動作を意識で制御しようとし過ぎるのは脳の誤動作を招くのでご法度なのだそうだ。それに気づいたのが手賀沼の1週間前。Don't think, feeeelってやつ。

疲れた後半はさすがにフォームが崩れて脚運びに意識が向いてしまいがちだが、しかしそんな時もなんとか上体の姿勢維持に集中し、脚運びから気をそらせることで持ち直し、まずまずいい感じに走れたと思う。

Ws000236
やけに上体の姿勢だけ維持されてる筆者(写真左の白帽)

あと、タイムではなくいい感じを優先したのは、さしあたっての目標であるつくばマラソンをいいタイムで走りたいからというのがあった。まだいい感じの走り方がロバストではないので、つくばまでの4週間でいい感じを堅牢にしておきたいと思った。

走り方がわからなくなっているときは同じ労力で走ってもペースは1キロあたり30秒程度遅い感じだった。1週間前に以前の感じを思い出してからは走り方だけで1キロ15秒くらい速くなった。残りの15秒はその走り方のための筋力やその他だと思うのでこのまま続けて、あと4週間で元に戻ればいいなと思っている。

| | コメント (0)

2022/10/30

手賀沼エコマラソン(2022)

手賀沼といえば私はいつも7km地点での風早中学の演奏を楽しみにしているのだが今年は無いことが知らされていた。コロナの関係で沿道での太鼓やブラスバンドの演奏は無しとのことだった。その代わりに6km地点ではギターを弾いてブルーハーツを歌う人が孤軍奮闘していた。13kmの上りではスプリングスティーンのBorn To Runをワイヤレススピーカーで流す人物もいて私はうれしかった。ジャクソンブラウンのRunning On Emptyもアンコールでお願いしたかった。

Running On Emptyの邦題は「孤独なランナー」だが、私も基本的に練習も大会参加も一人の孤独なランナーだといえる。ただこの手賀沼エコマラソンだけは、毎回会社の仲間と走ることになっている。

そうすると一人で走るときとは違い、下手な走りは見せられないという自意識が働くのか、気持ちを切らすことなく最後まで走りきれた。ハーフで100分を切れたのも、最後までイーブンペースを保てたのもコロナ休止後はじめてだ。なにしろつい4週間前に走った白井梨(10km)の平均ペースより11秒も速い。どういうこんぞ。

他の大会と同じで人気大会だった手賀沼も募集定員に満たなかったようで人も少し少な目に感じた(おかげでストレスなく走れたとも感じた)。例年支給されていたバナナやアミノバイタルなども今年はなく(個人的には無くていいと思っている)、出店や大会セレモニー関係もなし。コロナ対策や3年のブランクなど様々な課題と困難を抱えながら開催してくれたことが伺え頭が下がった。

団体による応援はなかった一方で、学校の校庭の高校生や沿道に出てくれた人たちがめいめい応援してくれるのはうれしかった。私の前を走っていたハロウィンの仮装をした人に「○○番さん、がんばって。かっこいいですよ」と丁寧な口調で声援を送っていたおじいさんが良かったなあ。私は○○番(ゼッケン)ではなかったけどかなり元気が出た。


朝の手賀沼。ゴール付近

Ws000161

| | コメント (0)

2019/10/28

手賀沼エコマラソン2019

ゴールしてまず今年は特別に25回記念タオルが配布され、これがビニール袋に入れたのを渡してくれるので、その後にバナナ、ポカリスエット、ヤクルト、アミノバイタル粉を次々と受け取ってもそのヘナヘナ袋に入れられるのでとても重宝だった。

そして配布されたポカリスエットのサイズが最高だった。900ml。曇で暑さは感じ無かったものの気温はそこそこ高かったので先週の寺泊と同じく3リットルくらい発汗してる感じであり、直ちに命を守る行動をとってください、と危険レベル4が脳みそから発令される中、900mlはありがたかった。仲間のゴールを待つ中、頂いたものをすべて摂取し(タオル除く)、危険回避に成功した。

タイムは先週よりもだいぶ遅かった。人数の多い大会なので最初の5キロくらいは思うようなペースで走れない上、やたらとインターバルが掛かって脚が疲れてしまうので、記録更新はあまり期待はしてなかった。それでもコースのベストが出て良かった。

それよりもやはりこの大会で楽しいのは楽団だ。今年は例年よりも多くの箇所で楽団の応援があったような気がする。スタート前に場内アナウンスで楽団名と応援ポイントの発表があるのだが覚えきれないので、できればパンフレット記載してほしいところだ。

今年は5キロ過ぎの和太鼓の人たちが非常に良かった。BPM=95前後の拍子がおれのステップにバッチリ合って折しも渋滞が解消されたタイミングとも重なりここからリズムに乗れた。その興奮冷めやらぬまま続いて7キロ手前で聴こえてきたのはコンガのリズム、今年もハイライトは風早中学楽団の演奏だ。「負けないで」とか「パプリカ」とかそういったありふれた定番曲は演奏せずひたすら南米のグルーブで楽しませてくれる彼らが好きだ。私が通過したときはちょうど曲間だったようでコンガに合わせて他の楽器の人たちは手をたたいていた。先生も手をたたいていた。おれもたたいた。楽しかった。

Ws002088
朝7時準備が進むメイン会場。左に見えるのがゴールのゲート。右奥の茶色の建物が先日の大雨でも手賀沼の氾濫を食いとめた北千葉導水ビジターセンター。

Ws002089
あぶない!

| | コメント (0)

2018/10/29

手賀沼エコマラソン2018

毎年言ってるが、手賀沼の楽しみ言えば、7キロ地点の風早中学校の楽団。例年アフリカ的な演奏でおれの足を勢いづけたが、今年はピンクレディーのサウスポー等を演奏、先生が楽しそうに踊っていた。顧問の先生が変わったのかもしれない。11キロ付近の湖北中学の演奏も元気がでたし、17キロのロッキーの完全に自分のピッチと合っていたが、それなのにどういうわけか全体的にペース上がらず、狙っていた自分の記録の更新には程遠い結果だった。

呼吸は余裕があるのに脚が重くて、先週の寺泊よりも1分遅かった。

秋の大会、調子に乗ってたくさんエントリしたが、ちょっと後悔している。

10/21 ハーフ(寺泊)
10/28 ハーフ(手賀沼)
11/04 休み
11/11 ハーフ(成田POPラン)
11/18 ハーフ(戸田)
11/25 フル (つくば)

身の程知らずにこんな計画を立てたのは一昨年の2016年を真似したからで、その2016年の秋はハーフで2回も自己新が出て、その2回とも2週連続の2週目で記録が出て、ひょっとして成功の秘訣はこのパタンなのではと思い、2週目の超回復作戦と称して皮算用を立てたのだ。

ところが今回の失敗で、途方に暮れている。超回復どころか明らかに前週のダメージが残っていた。ハーフの今年最後のチャンス戸田は大丈夫なのだろうか。戸田を本気で走ったら翌週のフルなんか完走すらあやういのではないか。何を考えているのかこの浮かれポンチとチャーリーブラウンの口調で言いたい気分だ。


Ws001356

いすゞのトラックが先頭でゴール(嘘)


Ws001357

近くの歩道に埋め込まれていた謎のプレート

l
手賀沼2017
手賀沼2016
手賀沼2015
手賀沼2014
手賀沼2013

| | コメント (0)

2017/10/29

手賀沼エコマラソン2017

台風22号の影響で完全に雨の予報。同日開催の横浜マラソンは早くも中止を決定。正直言って手賀沼も中止になってくれないかと前日の時点で思っていたが、大会ホームページを見てたらちょっと楽しくなった。


たとえば、大会パンフレットの訂正に関するこんな記述だ。
Ws001023

思わず甲斐バンドを歌っちゃったじゃないか。少し落ち着いたらどうなんだ。アンナー。


朝4時に起きて朝はん軽ーく食って、5時半に大会ホームページを確認。開催するとのこと。直ちに家出。仲間と合流。手賀沼は仲間と一緒に走る唯一の大会だ。いつものウエアに50円のビニールポンチョを羽織ってスタート。


幸いだったのは、今年からゼッケンが事前配布されるようになり、当日の受付が不要になったこと。毎年受付が行われる公園の芝生は雨が降ると足元がグチャグチャの水溜りになるのでそこにシューズを付けたらもう走りたくなくなることうけあい。またその受付地点からスタート地点までの経路も細く、昨年は晴れていても大渋滞だったことを考えると、雨だったらもっとひどいことになっていたような気がする。そういった意味で雨の今年、事前配布でほんとによかった。


一つ心配だったのは楽団。手賀沼エコマラソンと言ったら楽団。中でも6キロ過ぎくらいを受け持つ風早中学の楽団が私は好きで、はっきり言って毎回これが楽しみで参加していると言っても過言ではないくらいだが、ただ今回はこんな雨のまさかとは思うが応援の演奏に駆り出されたら気の毒なので応援無しでお願いしたい気分だった。

スタート地点、市立柏高の演奏が無いとのアナウンス。賢明な判断。楽器がだめになったらことだ。4.5キロ地点、雨の関係で演奏ができない二松学舎高校の楽団の皆さんが拍手で応援してくれて感激する。そして6キロ過ぎ。あった風早中のテント。中には誰もいなかった。ほっとした。横風もある地点こんなところにいたら風邪をひく。


そんな中でも和太鼓の人たちは元気なんだよなあ。2か所で応援してくれてた。すごいよ和太鼓の人たちの元気は。ただ太鼓の革が心配。


スタート3分後に50円のビニールポンチョを勢いよく脱ぎ捨てたのを折り返して風向き反転向かい風になったときに若干後悔しつつ、ゴール後に走るのをやめたとたん俄かに寒さが襲ってきてさらに後悔しつつ、ポカリとバナナをグチャグチャの受け取ってスタッフの高校生に感謝しつつ、水溜りで泥だらけのシューズをすすぎつつ、なんとかクルマに戻り、仲間と合流、大会パンフレット付属の珍来の餃子半額券を携えて珍来に直行。

| | コメント (0)

2016/10/30

手賀沼エコマラソン2016に出てきた

手賀沼エコマラソンの楽しみと言ったらそれは二つあって、一つ目はなんと言ってもこの楽団と断言できるのは、今年も6キロから7キロ地点に掛けてのコース上で応援の演奏をしてくれた中学生楽団。他の高校生楽団とは一味違ったリラックスした演奏を、グルーヴあふれる演奏を、毎年楽しみにしている。一生懸命練習しました発表しますって演奏ではなく、そうですか音楽好きですかじゃあこの曲はどうですか?楽しみましょう。って感じの演奏がいい

手賀沼大橋を渡ってサイクリングロードに出てしばらくすると風に乗って音楽が聞こえてきて、景色とコースの走りやすさと相まってその時点ですでに楽しくなる。6キロ表示を過ぎるあたりから道の左側に位置するジャージ姿の楽団の姿が見えてくる。自分も道の左側に徐々に進路を移す。彼らの演奏を可能な限り近い位置から聴くためだ。

楽団に向かって手を振ったり声を掛けたりする人が多いところを見るとファンが多いと見える。私も最前列のいい位置で拍手をしながら通過。楽器と団員はかなり自由なポジションに配置され決して整然となんかしていない。するもんか。さらには楽器も持たずにニコニコしながら手を振ってるメンバーすらいる。アジテーター役だろうか。ハッピーマンデーズで言えばべズ的なポジションだろうか。素晴らしすぎる。

そして今年ついにバンド名が判明した。風早中学校だ。看板に書いてあった。ありがとう。元気な4つ打ちオンビートよりも裏打ちのファンキービートの方が良く"腰が動いて心が解放され"(c)ジョージクリントン、脚も回る。まったくもって最高の応援。


あと今年は難所のフタコブラクダ坂のある13キロ地点、キロ表示の係の人がラジカセでブルーススプリングスティーンを掛けていたのも良かった。ナイスセレクト。ボーン・トゥ・ランという選曲はベタではあるが、元気が出た。


実は昨日のラジオのストーンズのMONOボックスの特集で、モノラル版の悪魔を憐れむ歌のあまりのかっこよさに、終盤つらい場面でもこれを聴けば間違いなく復活することを確信し、耳掛け式のウォークマンにラジオから切り取ったこの1曲だけ入れて、レース中に聴くのは後ろめたいがいざとなったらこれを聴こうと思って首に掛けて走ったのだが、風早中学校のパワーとスプリングスティーンのパワーが最後まで切れることなく、おきて破りのウォークマン作戦を発動するまでもなく自己ベスト更新。


もう一つの楽しみは仲間との再会。年に一度手賀沼を一緒に走る。レース後、ラーメン屋で親睦を深めて解散。

Ws000582


楽団のことしか書いてなくて驚く
手賀沼2015
手賀沼2014
手賀沼2013

| | コメント (0)

2015/10/25

手賀沼エコマラソン2015

幻の楽団は実在した。8キロ地点。おととしのこの大会で初めて目にしたこの一団。そこはかとなくアフリカを感じさせる演奏と、土手の下のこじんまりとしたスペースから熱狂的絶叫応援を繰り出すゲリラ的なたたずまいで一瞬にしてファンになったのだが、昨年は見あたらなかった。でも今年はいた。しかも今年は土手の下ではなく走っている道路のすぐ脇だったので非常に間近だ。


手賀沼は数ヶ所でいろんな学校のブラスバンドが演奏するのが恒例で、各校レベルが高い。そして服装はだいたい学校の制服。しかし私の好きなこの8km地点の楽団はひと味ちがう。みんな体育のジャージだ。ズボンの裾を捲り上げている者すら居る。私が通りかかったときには Make Her Mine を演奏していたが、コンガの人なんか体をゆらゆら揺らしながら満面の笑みだ。ありがちな演技指導されたような振り付けではない。かっこを気にしないマジな踊りだ。めちゃくちゃカッコいい。顧問の先生と思われる男性も指揮もせず踊っている。素敵だ。


他の学校は、学校の幟旗を立てたりしているが、この学校はゲリラなので(違うけど)そんなものは立てていない。唯一の手がかりは青のジャージの胸のロゴマーク。「国」のような文字と「中」という文字がに見えた。中学校のようだ。ちなみに家に帰って大会プログラムを見てみたが、競技ブラスバンドについての記述はなかった。あって欲しいところ。


なんとか彼らに対する逆応援の意思を示したいと思って、いま思えば立ち止まって拍手する、なんなら握手する、くらいのことをすればよかったと思う。しかし走っているときの自分ってのはそんな余裕はなく、減速する気持ちの余裕すらなく、やんぬるかな。ただニヤニヤしながら左手を挙げて通り過ぎただけだった。どこの怪しいオヤジだと思われた違いないが、ニヤニヤしてしまうほどワイルドでジョイフルな演奏だったのだからしょうがない。


手賀沼エコマラソンのいいところといえば、このようにコースのあちこちで吹奏楽の演奏があること、6キロから10キロまでの手賀沼南岸の走りやすさ、それからバナナの大盤振る舞い。ゴールすると参加賞のティーシャツと一緒に1本もらえるのだが、今年はスタート前にも配っていたのでもらった。やたらうまい。


というわけで手術から25日、一緒に参加する仲間や大会にとにかく迷惑をかけないように、一番うしろから慎重にいつでも止める覚悟で走った。そして完走できた。タイムは自己ベストと比べものにならないが、自己ベストを出したときと同じくらいうれしい。ほんとにうれしい。


| | コメント (2)

2014/10/26

手賀沼エコマラソン2014

手賀沼といえば吹奏楽で、今年はじめて一緒に走ることになった会社の偉い人が会場を一目見て
「市立柏の吹奏楽部じゃないか」
と言ったのだった。
全国レベルで有名なんだそうだ。

さもありなん。というか、昨年の手賀沼7キロくらいのところでやけにアフリカ的な演奏でもって俺をして聴くために後戻りしようかと思わせしめたくらいの演奏で知られる手賀沼エコマラソンの楽団の演奏。

今年もそれを楽しみにしていたのでスタート前のイベントのサンプラザ中野くんの演奏はなるべく耳に入れないように注意して7キロ地点の楽団だけを楽しみにしてスタート地点に並んだ。


いい感じで目標の4分45秒ペースで向かった7キロ地点に昨年と同じ昨年と同じアフリカ的楽団はいなかった。一瞬ショボンとしてしまいペースは落ちたが、中間地点のあたりでこんだブラジル的なリズムが聞こえたのでちょっと気持ちを持ち直した。それは地元の和太鼓の人たちだった。

今日は今週の寒さと来週の雨の間になんで今日かと言いたくなるようなホットなデイで、ホットというか湿度がかなり高いウェット差もあるなか、まあここまでは曇り基調なのが救いだったのだが、このブラジルを聞いた直後くらいから太陽が出てきて一気にヒートアップ=ペースダウン。

12キロからのフタコブラクダのちょうどラクダで言う人が座る真ん中あたりで演奏していたのはひょっとして去年のアフリカンなバンドだったのだろうか、自分のリズムと合ってペースを立て直すのに助けられた。ありがとう。

そのあと自分のペースが狂う要注意曲というか、いわゆる「負けないで」的な音楽がどこかから聞こえるたびになるべく聞こえないふりをして、15キロ地点で「あと5キロ!」と応援するおっちゃんに「いや、6キロ」と指摘する並走者をねぎらいつつ、いつの間にかカンカン照りの天気でペースが落ちつつも、楽しい気分でゴールまで走れた。ひさびさに楽しく走れた。タイムは去年と同じ。自己ベストと同じ。

まあそんなことより。今年最大の話題といえば参加賞のティーシャツだろう。なんかかっこよくなってしまった。普通に着れるデザインになってしまった。どう思うか。手賀沼といえばティーシャツ、賛否両論というより否が圧倒的だったあの野鳥の絵のティーシャツだが、ランネットの大会評価で毎年やりだまに上げられたのは、むしろ愛情ないしは人気の現れだったいうことではないのか。実用性だけが能じゃない。と、昨年まで悪口を言っていた自分が失われてから思う(画像無し)

| | コメント (0)

2013/10/27

手賀沼エコマラソン2013

手賀大橋を渡ってサイクリングコースに出て、7キロか8キロ地点くらいだったと思う。一段下がったコース脇の芝生で演奏していた高校生と思しき十数人の楽団。私が差し掛かったときはちょうど演奏の合間だったのか「がんばれ~」という声も枯れろといわんばかりの熱狂的な応援。その応援を目撃した時点でただ事でなさは感じていた。感動すら覚えたくらいだが、その熱の高さの本物さに本当に気づいたのは通り過ぎたあとだ。それは ポン ポン ポコポコ という静かで抑制された、しかし熱量の高いコンガの音色で始まった。その時点で「おや?」と思ったのだが、さらに続いてベース的な楽器が1つ、そしてまた1つと熱を足していったときだ。自分はその音楽を聴くために引き返そうかと思った。

マラソン大会に少しばかり出てみると、ブラスバンドやロックバンドや声楽、和太鼓、一斗缶、笛、声、などで応援してくれる人たちに励まされる。たとえそのリズムが自分に合わなくとも元気になるものだ。

しかし今回この、7キロか8キロ地点の楽団、完全に自分のリズムだった。黒かった。景色の気持ちよさ、追い風の気持ちよさ、そしてこのファンクなリズム。とっても楽しくなってしまった自分はジョージクリントンの「腰を解放すれば魂も解放される」という教えにのっとり、オーバーアクション、オーバーペース。10キロで力を使い果たして後半落ち込み、目標だった100分に3分ほど届かなかったことは言うまでも無い。


スタートゴール会場、手賀大橋手前の高校などで演奏していた人たちはわかる。でもやつらはなぜあんな辺鄙なところで、どうやってあそこまで楽器を持って移動したのか心配になるようなところでわざわざ演奏していたのか。そしてあの黒さはなんだ。自分の脳みそがハイだったせいだけではないと思うが、まあハイだったのだろう。とにかく続きを聴きたかった。

| | コメント (0)

2012/10/29

ランニング・ニー・アタック

ヒザが痛い。自分はひざが痛くならないことで有名な男だったはずで、痛くなったのは中学生時代に部屋で逆立ちをしてバランスを崩して倒れた際に柱にしこたまぶつけたのと、大学生の時に徹夜明けの真夜中に自転車でダンスをしてバランスを崩し倒れた際にアスファルトの道路にしこたまぶつけたときくらいしか記憶にないのだが、実は今、こうして左のひざが痛い。痛い理由はわかっていて、といっても昨日手賀沼エコマラソンを走ったからというのは本質を見損なう短絡的な発送で、発想で、種を明かせばこういうことである。「走り方を変えた」


変えたんだよなー、越後湯沢秋桜の前だ。毎日昼休みにトレッドミルで走っているとこを後ろから映したムービーを見るにつけ、なんか様子がおかしい人みたいに左足が外回りをしていたからだ。

直したらまあなんかこう普通の人みたいに快適で腰が高くて軽快にはなって、実際ラクに走れるようにはなったのだが、自分の脚の特性をまったく考えていなかったな。大腿骨と下腿の骨とのなす角度が大きいのは昔トレーニングジャーナルで読んだことがあって、つまりこのQアングルが大きい人はマラソンはするべきでないと書いてあったのだった。普通の人みたいにつま先まっすぐな軌道を意識すれば、自然と大腿骨は内転の方向に向かい、ヒザの球面軸受けの内側に負担がかかる。


まああれだ。明日からは昔の走り方にもどそう。いいんだ速くなくても。じいさんになっても走りたいし。ヒザ十字固めでギブアップしたくないし。


ちなみに先日の手賀沼ではよーいドンからゴールまでのタイムは先月の越後湯沢よりも1分遅かったが、スタート地点からゴールまでのタイムは先月の越後湯沢よりも5分速かった。まあそういう大会だった。

次のイベントは12月のグループ会社の駅伝大会。競合他社のウエアしかもっていないのが最大の懸念材料だ。

| | コメント (0)